クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
人々を襲う異形を殲滅するため、特殊部隊“エクス”の一員となって都市迷宮を冒険。特殊能力を持ったキャラクターとパーティを編成、強化しつつ、ミッションを遂行していく。
発売日
2015年04月30日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
メーカー
5pb.
関連サイト
http://opbabel.jp/
詳細を見る

東京新世録 オペレーションバベル(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
7

シリーズ過去作と同様、ダンジョンRPGとしては安定したゲーム性。メインとサブの職業が設定できる“クロスブラッドシステム”は、育成の幅が広がった一方で、煩雑さも感じる。オートマッピングや高速戦闘など、インターフェースは使いやすいが、システムやプレイヤーの誘導などでの説明不足と、独自の専門用語の多さが相まって、迷うこともしばしば。ファンにはいいが、一見さんにはやや難解。

週刊ファミ通1377号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

“クロスブラッドシステム”が追加され、メインとサブのブラッドが設定可能になり、戦術の幅が広がった。そのほかは、前作からあまり大きな変化はない印象。戦闘では、1ターンの処理を瞬時に終えられる“高速実行”があるほか、探索時には右スティックでも移動できるのが便利。装備やスペルなど、メニューの仕組みが古風なダンジョンRPGのままなので、もっとわかりやすく洗練させてほしかった。

週刊ファミ通1377号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

物語にも重きを置いたダンジョンRPGで、テンポのいい展開やキャラが魅力的。前作の物語を引き継いでいるけれど、本作からでも入りやすい作り。覚えることは多いが、ミッション形式で実践しながら身につけられる。英雄の力“ブラッド”の組み合わせや、経験値の使い道などを考えてパーティーを成長させていく醍醐味もある。とはいえ、シリーズ過去作とはもう少し毛色の違う試みも見たかったところ。

週刊ファミ通1377号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS Vita
8

ファン待望の『オペレーションアビス』の続編で、世界観やシステム、キャラなどに共通点が多く、前作をプレイ済みなら違和感なく遊べる。ただ、育成やバトルシステムの複雑さを始め、とくにアイテムの物量に対するチュートリアルが不足気味で、初めてのプレイではかなり戸惑う。完成されたシステムだけに、きちんとした誘導があれば、より多くのプレイヤーが楽しめるのに、ちょっともったいない。

週刊ファミ通1377号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
人々を襲う異形を殲滅するため、特殊部隊“エクス”の一員となって都市迷宮を冒険。特殊能力を持ったキャラクターとパーティを編成、強化しつつ、ミッションを遂行していく。
発売日
2015年04月30日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
メーカー
5pb.
関連サイト
http://opbabel.jp/
詳細を見る

東京新世録 オペレーションバベルに関連

すべて見る
  1. 1
    『ウマ娘』ローソンコラボキャンペーンが12月13日より開催。キタサンブラック、サトノダイヤモンドたちの限定クリアファイルがもらえる!
  2. 2
    『ドラゴンクエスト』堀井雄二氏が“グリコのおもちゃ”を制作! ゲームにも活きるオマケ的発想の根源と『DQ』最新情報に迫る
  3. 3
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    『ガンダム 水星の魔女』12月18日の放送は休止。第1クール最終回となる12話までの放送スケジュールを公開
  5. 5
    『ワールドトリガー』天羽月彦が適合した黒トリガーの情報などが公開。天羽が玄界人(三門市民)ということも公式TwitterのQ&Aで明かされる
特設・企画