クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
人間と妖怪、鬼が暮らす“日の本”を舞台に、6人の侍たちとの剣と恋の道を描く。2013年発売のPC版からの移植にともない、各エンディングの新規の後日談や新たなCGを追加。
発売日
2015年03月26日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
リジェット
詳細を見る

剣が君 for V(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
9

美しいグラフィックとともに、キャラや世界観が魅力的に描かれ、物語に引き込まれる。選んだ選択肢に応じて、単なるグッドやバッドではない、異なる4通りのエンディングに分岐していくのがおもしろい。切ない雰囲気や、悲恋が苦手な人には合わないかもしれないが、好きな人ならどの展開にも興味を惹かれるはず。単語の解説が丁寧なのも好印象で、ストーリーへの理解を深める一助となっている。

週刊ファミ通1372号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
9

美しい絵が血塗れていく演出と、シーンを盛り立てるサウンドが相まって、“剣”の道では号泣し、“君”への道では微笑みつつプレイ。自分の剣の道を生きるキャラの思想はもとより、サブキャラにいたるまで設定が細かいため、シナリオが奥深く、胸にグッとくる内容でした。前章と後章で、物語と攻略のアプローチが大きく変わる作りも、ゲームに向き合う気持ちが一新できて○。追加要素の多さもうれしい。

週刊ファミ通1372号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
7

戦闘シーンの描写がおとなしめだったりと、伝奇活劇としての盛り上がりどころは少なめ。登場人物の行動原理はしっかり描かれており、各ルートの展開と結末自体に対する納得感はあります。クリアー後のオマケ要素(おもにボイス系)のボリュームも十分で、キャラに惚れ込んだ人ほど満足できるでしょう。タッチスクリーンの押しっぱなしでテキストをスキップできる操作は、攻略プレイ時に便利でした。

週刊ファミ通1372号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
7

前半は6人の侍との東海道中、うちひとりと江戸で綴る後半という、ユニークな構成に引き込まれます。町娘がいきなり姫の替え玉となり、人前で粗相なく振る舞うくだりは、周囲の助けがあってもやや不自然で、架空のお話とは言え没入しきれなかった面も。男性ひとりに4つの結末+後日談の大ボリュームで、回収には作業感こそ漂うものの、趣の異なる展開と美しいイベントCGへの興味は尽きません。

週刊ファミ通1372号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
人間と妖怪、鬼が暮らす“日の本”を舞台に、6人の侍たちとの剣と恋の道を描く。2013年発売のPC版からの移植にともない、各エンディングの新規の後日談や新たなCGを追加。
発売日
2015年03月26日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
リジェット
詳細を見る
  1. 1
    『エクスアストリス』10時間プレイレビュー。1500円とは思えないほど世界観・戦闘のすべてが濃厚。“白夜”と“極夜”に分かたれた惑星での生活の虜に
  2. 2
    『FF7 リバース』パッケージ版のディスク表面の誤表記についてアナウンス。“Play Disc”と“Data Disc”の表記が逆に。商品の対応については検討中
  3. 3
    『リコリコ』“千束の銃”が東京マルイから3月14日に発売。スパイク付きのストライクフェイスなどを忠実に再現
  4. 4
    サンソフト『マドゥーラの翼』『東海道五十三次』『リップルアイランド』を収録した『SUNSOFT is Back! レトロゲームセレクション』Steamストアページが公開
  5. 5
    『ストリートファイター』×ポッキーのオリジナルゲームに狩野英孝モデルの新キャラ・EIKOが参戦。必殺技はエイコーゴーとローズセレモニー
特設・企画