クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
対クリスタル戦争の新たな局面を描くシリーズ最新作は、プレイ内容に応じて物語が変化するマルチストーリー。ネットワークを介し、ユーザーを支援できるシステムを搭載。
発売日
2016年02月25日
価格
7400円 [税抜]
ジャンル
シューティング
メーカー
モス
詳細を見る

雷電V(Xbox One)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Xbox One
7

6段階という細かい難易度設定を始め、自身のプレイ動向や攻略情報などが遊びながら確認できるなど、シューティングゲーム初心者でも楽しめる工夫がいい。だが、左右のインフォメーション画面に表示される各種文字が小さくて読みにくいのは本末転倒。Xbox Oneのクラウド機能を活かした“チアーシステム”はおもしろい遊び。欲を言えば、モニターを縦長画面にしても遊べるモードが欲しかった。

週刊ファミ通1422号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Xbox One
8

プラズマレーザーを始めとする『雷電』テイストは健在。ライフ制の自機や、Xbox Oneのクラウド機能を活かした作りなど、意欲的なチャレンジが見受けられる。なかでも、“ナイスなプレイ”をしてほかのプレイヤーから応援されると“チアゲージ”が溜まるシステムは、おもしろい試み。敵が弾を撃ってこない極低難度の“プラクティス”や、特定条件下でボス戦に挑む“ボスミッション”モードもいいね。

週刊ファミ通1422号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Xbox One
8

基本的にはコアゲーマー向けのバランスだが、イージー以下の難度だと敵の弾が遅くなり、“プラクティス”では敵が弾を撃たないので動きをしっかり覚えられるというように、シューティング初心者でも遊びやすい配慮がなされている。画面左側には、場面ごとの丁寧なヒントやスコアグラフといった、多彩な情報を切り換えて表示できるのがいい。プレイに応じて変化するストーリーなど、やり応えも十分。

週刊ファミ通1422号より

本間ウララ
ファミ通公式 Xbox One
8

凝ったステージ構成はさすが。ショットもバラエティーに富んでいておもしろい。難易度が6段階あったり、エリアごとに攻略のアドバイスが表示されるのはうれしいね。ただ、会話ウインドーのほうは文字が小さすぎて読めないし、プレイ中は読む余裕がない。キャラがいい味を出しているのに、もったいない。ボスミッションは、弾種固定で時間制限があるので燃える。機体の違いもわかりやすくて○。

週刊ファミ通1422号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
対クリスタル戦争の新たな局面を描くシリーズ最新作は、プレイ内容に応じて物語が変化するマルチストーリー。ネットワークを介し、ユーザーを支援できるシステムを搭載。
発売日
2016年02月25日
価格
7400円 [税抜]
ジャンル
シューティング
メーカー
モス
詳細を見る

雷電Vに関連

すべて見る
  1. 1
    【ヘブバン】1周年生放送まとめ。『エンジェルビーツ』コラボイベント開催&ゆり・かなで(天使)・みゆきち実装、音ゲー“ライブモード”新登場
  2. 2
    弾幕アクションRPG『東方シンセカイ』発売決定。霊夢、魔理沙、菫子がメインキャラに。『東方紅輝心』を開発したサークル“あんかけスパ”の最新作
  3. 3
    『To LOVEる-とらぶる-』新作読切がトレンドを湧かす! 数年ぶり新作漫画にTwitterが盛り上がる【トレンドワード解説】
  4. 4
    “呼び込み君”初の公式書籍発売。アニメ『ちいかわ』最新話への登場でも話題の音声POPがポーチに。お馴染み“ポポ~ポ ポポポ♪”の音が鳴る
  5. 5
    『Dark and Darker』のプレイテストが2月6日から開催。死んだら所持品全ロスト! 緊張感溢れるダークファンタジーのダンジョンアドベンチャー
特設・企画