クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
2013年のデータを反映させたシリーズ最新作は、ドライバーとなって下位から優勝を目指すキャリアモードを収録。ネットを介して、最大16人で対戦が行える。
発売日
2014年07月24日
価格
6648円 [税抜]
対応機種
PS3 他の機種を見る
ジャンル
レーシングアクション
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

WRC 4 FIA ワールドラリーチャンピオンシップ(PS3)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 PS3
8

一瞬のミスでコースアウトするような、ラリーゲーム特有の絶望的なシビアさは控えめだが、そのぶん荒れた路面を走破する快感を存分に味わえる。壁の接触などでクルマもダメージを受けるため、それなりの緊張感もある。コースのレイアウトは豊富で、おもしろいものが揃っている。

週刊ファミ通1337号より

モリガン長田
ファミ通公式 PS3
8

同じコースでも、時間帯で雰囲気がガラリと変わるので新鮮味がある。クラッシュすると、トランクが車体に合わせて開閉するなど、壊れかたもリアルで楽しい。プレイしやすいよう、ライバルの強さやマシンを細かく調整できるのもいいね。マシンにペイントできなくなったのは残念。

週刊ファミ通1337号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS3
8

日中のほか、夕暮れと夜明けのレースも選ぶことができ、雰囲気の異なるコースを走れるようになったのはうれしい。狭い道を正確な走りで切り抜けていくのは、シビアでストイックさが求められるが、うまく走れるようになると気持ちいい。レース前のロードがちょっと長いのが難点。

週刊ファミ通1337号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS3
7

2013年のW RCシーズンを実在のチームとマシンで戦えるのは、純粋にうれしい。コースの再現性や衝突時のパーツ破損、実写動画や音声をふんだんに使った演出はどれもすばらしいが、読み込み時間がやや長め。ドライブフィールは、本格シミュレーターよりはゲーム寄りという印象。

週刊ファミ通1337号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
2013年のデータを反映させたシリーズ最新作は、ドライバーとなって下位から優勝を目指すキャリアモードを収録。ネットを介して、最大16人で対戦が行える。
発売日
2014年07月24日
価格
6648円 [税抜]
対応機種
PS3 他の機種を見る
ジャンル
レーシングアクション
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

WRC 4 FIA ワールドラリーチャンピオンシップに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    『真・女神転生V Vengeance』アトラスの開発者に最速インタビュー。前作のシナリオはそのままに、“もうひとつの可能性”を形にした追加メインシナリオの意図などを訊いた【先出し週刊ファミ通】
  4. 4
    『ヘブバン』初となる茅森月歌のユニゾンスタイル実装、スキル演出に月歌と和泉ユキのふたりが登場。2/22生放送まとめ【ヘブンバーンズレッド】
  5. 5
    【ソフト&ハード週間販売数】『マリオvs.ドンキーコング』が首位を獲得! Switch『英雄伝説 黎の軌跡』、PS5『スカル アンド ボーンズ』もトップ10入り【2/12~2/18】