クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
精霊とデートをして“デレ”させることが目的のシリーズ最新作は、アニメ第2期直後の物語が描かれる。前作から、シナリオやイベントCGが大幅にボリュームアップ。
発売日
2014年06月26日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS3
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
コンパイルハート
詳細を見る

デート・ア・ライブ 或守インストール(PS3)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 PS3
8

立ち絵の動きがよく、テキストから連想されるキャラのイメージが自然に入ってくる。アニメを少しかじった程度の俺でも、キャラにニヤニヤしたり、心に響くシーンがあったりといった感じで、原作モノのノベルゲーの中では良作の部類。ただ、既読スキップは改善してほしいなあ。

週刊ファミ通1333号より

モリガン長田
ファミ通公式 PS3
7

全体的にキャラがよく動く演出で華やか。シチュエーションが異なるイベントやラブラブ描写も多く、ふだんとは違うヒロインたちの一面を見られるのがいいね。お色気要素もドキドキ。或守ルート以外は王道の展開で、新鮮味は少々薄め。2周目から序盤をスキップできるのは親切。

週刊ファミ通1333号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS3
8

電脳世界を舞台にして、原作では見られないようなシチュエーションでの各ヒロインとのデートイベントが楽しめるのは幸せ。キャラの居場所を選んで進めていくシンプルな作りだが、それゆえわかりやすい。前作と比べ、キャラが増えたこともあり、全体的にボリュームアップしている。

週刊ファミ通1333号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS3
7

原作アニメの狭間の物語が楽しめるのは○。非日常のデートでは、ふだんは絶対に見られないシチュエーションが用意されており、ファンにはうれしい。逆に、原作をまったく知らずにプレイすると、理解するまでのストロークがもったいないので、予習してからのプレイがオススメ。

週刊ファミ通1333号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
精霊とデートをして“デレ”させることが目的のシリーズ最新作は、アニメ第2期直後の物語が描かれる。前作から、シナリオやイベントCGが大幅にボリュームアップ。
発売日
2014年06月26日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS3
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
コンパイルハート
詳細を見る

デート・ア・ライブ 或守インストールに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画