クロスレビュー

平均

8.0
主人公の多田万里となって、キャンパスライフを堪能。ヒロインとのツーショット会話や、キーワードを選んで場を盛り上げるGTイベントなど、要素が満載。
発売日
2014年03月27日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
角川ゲームス
詳細を見る

ゴールデンタイム Vivid Memories(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

モリガン長田
ファミ通公式 PS Vita
8

グラフィックがアニメ調で、ちょっとした仕草もスルスル動くのが心地いい。ツーショット会話やGTイベントのギミックは、とっさの判断を求められるので緊張感があります。イベントCGやエンディング数が多いうえに、フローチャートが見られるので、攻略しやすい点も好感が持てます。

週刊ファミ通1320号より

レオナ海老原
ファミ通公式 PS Vita
8

原作の雰囲気とゲームシステムがうまく融合していて、『ゴールデンタイム』ならではの大学生活を丁寧に再現できていますね。役立つフローチャートや見ていて楽しい相関図など、小技も効いていて、原作にうまく興味を持てる作りになっているかと。外伝のキャラが出るのもうれしい。

週刊ファミ通1320号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

原作を追体験しつつ、アニメとは異なる展開も見られるのがうれしい。ツーショット会話ではヒロインが滑らかに動き、臨場感があるのがいい。GTイベントは、キーワードを集める緊張感が○。フローチャートの機能が親切で、分岐点で別のルートへ行くためのヒントを見られるのが便利。

週刊ファミ通1320号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
8

本作の醍醐味は、霊魂という存在はありつつも、原作(テレビアニメ版)の世界を回遊できる開放感に尽きます。物語はテンポよく進む印象。ルート分岐のヒントを参照できるなど、余計なストレスが溜まりません。3本のミニゲームは暇潰しに最適。とくに、脱衣要素のあるパズルは中毒性大です。

週刊ファミ通1320号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0
主人公の多田万里となって、キャンパスライフを堪能。ヒロインとのツーショット会話や、キーワードを選んで場を盛り上げるGTイベントなど、要素が満載。
発売日
2014年03月27日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
角川ゲームス
詳細を見る
  1. 1
    『ぼくのなつやすみ』が発売された日。小学3年生の“ボク”くんの夏休みを描いた、ノスタルジックなアドベンチャー【今日は何の日?】
  2. 2
    新型スイッチの特徴と従来モデルの違いを総まとめ。買うならどっち?
  3. 3
    【ポケモンSV】ふしぎなおくりもの一覧。配布シリアルコード、あいことばまとめ【スカーレット・バイオレット】