クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作は、キャラクターや背景を3Dで描写。操作感や駆け引きの熱さは2D対戦格闘のままに、臨場感溢れる演出を実現。クロスプラットフォームによる対戦が可能。
詳細を見る

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

対戦格闘ゲームの敷居は下げず、間口を広げた作り。チュートリアル関連の充実ぶりはもちろんだが、実戦で発生する状況を再現したミッションモードは、初級〜中級者にはありがたい配慮。3Dモデルなのにアニメのようにしか見えないムービーを始め、バトル中にカメラアングルが変わる斬新な演出など、見た目にも楽しめる。とはいえ、まったくの初心者には難しい部分もあり、ある程度のスキルは必要。

週刊ファミ通1356号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

3Dモデルを2Dのアニメーションのように見せる、突き詰めた映像表現は圧巻。見応えある大ボリュームのストーリーモードや、丁寧なチュートリアルなど、家庭用ならではの追加要素が多いのもうれしい。なかでも、特殊の状況を再現した課題に挑戦するミッションモードでは、格闘ゲームのセオリーを体得できるのがいい。シリーズ過去作からキャラは少なくなったが、そのぶん新規の人も入りやすいかな。

週刊ファミ通1356号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

アニメと見紛う3D描写は、従来の作品と次元が違う。登場シーンや必殺技のカットインなど、毎回見とれてしまう。決着時にカメラがグルッと回り込んだり、背景がつねに動いていたりと、3Dならではの演出も魅力。潔く映像作品として収録されたストーリーモードは見応え十分。コンボを出せるようになるには慣れも必要だが、練習メニューは懇切丁寧。キャラごとの対策や対戦の心得も学べるのには脱帽。

週刊ファミ通1356号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS4
9

圧倒的なクオリティーに気合を感じる1本。あえて3Dで作られた格闘部分は、ケレン味溢れる演出がてんこ盛りで、プレイヤーを大いに盛り上げてくれる。また、ストーリーモードの、3D制作のメリットを活かして作られた、じつに5時間にも及ぶ大作動画は必見! 難度を下げるのではなく、チュートリアルまわりを充実させることで初心者をフォローするという硬派なスタンスにも好感が持てる。

週刊ファミ通1356号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作は、キャラクターや背景を3Dで描写。操作感や駆け引きの熱さは2D対戦格闘のままに、臨場感溢れる演出を実現。クロスプラットフォームによる対戦が可能。
詳細を見る

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)に関連

すべて見る

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)に関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画