クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
オーナーブリーダーとして競走馬を育成し、国内や海外のG?制覇などを目指すシリーズ最新作。PS3版では、オリジナルの馬名を実況してくれる機能がある。
詳細を見る

ウイニングポスト7 2013(PS3)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS3
8

新要素はあまりないが、追加シナリオなどが充実しており、シリーズのファンなら安心して楽しめる。“激闘譜”の目標が増えたのは、やり込む人にはたまらない点かと。音声合成システムで、オリジナル競走馬の名前がレースで実況されるようになったので、より愛着が増すのではと思う。

週刊ファミ通1266号より

デビル藤原
ファミ通公式 PS3
8

オリジナルの馬名をレース中に音声実況してくれるようになったのは、うれしいポイント。ただ、そのほかの追加要素を含めても、シリーズのファンには物足りない変化。とはいえ、いつもの遊びやすさと中毒性は健在。ライトユーザーでも、馬主気分を十分に体験することができます。

週刊ファミ通1266号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS3
7

運営や育成は淡々としているが、腰を据えて遊べる。名馬の輩出を目指して、コツコツ取り組むのが楽しい。名づけたオリジナルの馬名を、実況で読み上げるようになったのはうれしい。アクセントなどの調整ができるのも○。ただ、『2012』と比べて大きな新要素がなく、新鮮味はない。

週刊ファミ通1266号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS3
7

基本システムや物語は、これまでのシリーズを引き継ぎながら、最新のデータや新規イベントが収録されている。ライバル騎手が登場したり、持ち馬の名前の実況音声設定を細かくいじれるのはおもしろいね。秘書や用語解説はあるけれど、初心者にはまだ敷居が高く感じられるかな。

週刊ファミ通1266号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
オーナーブリーダーとして競走馬を育成し、国内や海外のG?制覇などを目指すシリーズ最新作。PS3版では、オリジナルの馬名を実況してくれる機能がある。
詳細を見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    アニメイトで『ゆるキャン△』&『mono』の漫画を買うと特製ブロマイドがもらえる血液センターコラボ応援フェアが開催!