クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
サイコロを振ってマスを進め、お店や株を買って目標金額まで資産を増やそう。『ドラゴンクエスト』と『スーパーマリオ』シリーズのキャラクターが26人登場する。
発売日
2011年12月01日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
その他
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

いただきストリートWii(Wii)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii
8

『ドラゴンクエスト』と『スーパーマリオ』のキャラや音楽が使われているので、とても親しみやすい。スライムレースや“仕掛けマス”の大砲など、2タイトルにちなんだマップや仕掛けがあるのが楽しい。ルールを簡略化したモードもあり、ライトユーザーへの間口が広がったところは○。

週刊ファミ通1199号より

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii
9

4年前に発売されたニンテンドーDS版の流れを汲む作品。前作と同じマップ名でも構成が変わっているところがあるし、完全に新規のものも入っているので、長く遊べそう。Miiのカスタマイズなども地味にうれしいかな。Wi-Fiで見知らぬ人や遠方の友だちと遊べるのもいい感じだね。

週刊ファミ通1199号より

モリガン長田
ファミ通公式 Wii
8

店の争奪や株の増資など、単純でいて奥深い頭脳戦が楽しめる定番シリーズ。チャンスカードやカジノなどの要素も多くて最後まで気が抜けません。オンライン対戦はかなり盛り上がりそう。イージールールでは株の売買がないので、入門プレイにオススメ。Miiが使えるのがうれしい。

週刊ファミ通1199号より

デビル藤原
ファミ通公式 Wii
9

店舗や株の購入、増資など、戦略性の非常に高いゲームだが、イージールールのおかげで敷居は下がった印象。とは言え、ツアーモードの難度は何気に高く感じる。Miiを使えるだけではなく、着せ替えをできるのはいいね。Wi-Fiを使った対戦が可能なのも、ファンにはかなりうれしい。

週刊ファミ通1199号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
サイコロを振ってマスを進め、お店や株を買って目標金額まで資産を増やそう。『ドラゴンクエスト』と『スーパーマリオ』シリーズのキャラクターが26人登場する。
発売日
2011年12月01日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
その他
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画