クロスレビュー

平均

8.8

1ユーザー

スコア

;">
7.0
発売日
2012年02月22日
対応機種
PS Vita
ジャンル
アクション
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る

真・三國無双 NEXT(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

レオナ海老原
ファミ通公式 PS Vita
9

動きが軽快で、操作していてかなり気持ちいい。敵兵が大勢いてもチラつくことが少なく、存分にワラワラした感じが味わえます。マップの表示を拡大しやすいのもいい感じですね。また、全国のプレイヤーの情報が反映される争覇モードも、手軽にネット上のつながりが感じられて◎。

週刊ファミ通1203号より

吉池マリア
ファミ通公式 PS Vita
9

“神速乱舞”や、拠点を瞬時に壊滅する“ダイレクトブレイク”などがうまくかみ合い、作戦を立てて拠点を制圧するのがアツい。一騎討ちや“アクシデンタルバトル”は一瞬の判断が必要で、心地いい緊張感。ネットを介した遊びは気軽で、かつ楽しみも増える。アドホック通信の対戦&協力も白熱。

週刊ファミ通1203号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS Vita
9

チェイン攻撃や神速乱舞によってコンボがガンガンつながるようになり、興奮度は確実にアップ。拠点制圧に大きな意味を持たせてくれたのもいい感じ。ネットワークを利用した遊びも楽しいです。そして何より、このレベルの『真・三國無双』が、携帯ゲーム機で遊べることに感動しました。

週刊ファミ通1203号より

ババダイチ
ファミ通公式 PS Vita
8

タッチ操作にも目がいきますが、リアルタイムストラテジーのような戦略性が加わって、システム面も大きく変化しています。オンラインによるプレイヤーの交流も、ゲームにほどよく彩りが加わって楽しさが倍増。新しい『真・三國無双』にしようという意気込みが、全体的に強く感じられた。

週刊ファミ通1203号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

yoko
PS Vita 2013-09-03 17:40:16投稿
7

良かった点
据え置き以上のグラフィックと敵兵の数
タッチを使ったキャラごとの神速乱舞がきもちぃい
キャラメイクで自分だけの無双武将が作れる
遊ぼうと思えばほんとに長く遊べるてか大変

悪かった点
一騎討ち
無双してる最中のアクシデンタルバトル・・・
ストーリー中の強制タッチアクション
携帯機向けなので1ステージが他の無双に比べて簡単というかお手軽

総評
9月26日に待望の無双オロチ2アンリミテッドが出るのでプレイ。
圧倒的な敵兵の物量をばっさばっさと打ち倒していく爽快感は携帯機としては異常すぎるくらいw
オリジナルの武将まで作れて、やり込みモードも異常なぐらい。
良い所はやればすぐにわかる。
そして、悪いところも・・・・

タッチとフリックを使った一騎討ち・・・タッチとフリックを使ったアクシデンタルバトル(奇襲)・・・ストーリー中に出てくるジャイロを使ったレースやら的撃ちやら・・・・
VITAのロンチソフトとは言えこういう無理やり機能を使ったようなモードはおまけ程度でオン/オフできるようにしとけば良かったのでは・・・・
ていうかこの部分さえなければ武器の強化などが物足りないっていう以外はかなり良い無双なんです・・・。
アクション部分はこの先発売されるオロチ2、三国7猛将伝など、携帯機でも十分遊べるものになる!!っと確信を持てるぐらい良いものです!!

タッチとかの機能を我慢できる人にはベストでお安くなっているのでお試しでオススメ。

クロスレビュー

平均

8.8

1ユーザー

スコア

;">
7.0
発売日
2012年02月22日
対応機種
PS Vita
ジャンル
アクション
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画