クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
双子の天倉澪と繭を操作し、皆神村の奇怪な謎に挑む『零 〜紅の蝶〜』をリニューアル。プレイするたびに演出が変化する“お化け屋敷”などが追加されている。
発売日
2012年06月28日
価格
6477円 [税抜]
対応機種
Wii 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

零(ゼロ) 眞紅の蝶(Wii)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii
9

Wiiリモコンで懐中電灯を操作して気になる場所を照らし、調べることが増えたので、PS2版よりも恐怖体験を味わえる。“射影機”で霊と戦うのも、相変わらずスリリングで楽しい。お化け屋敷モードは、遊園地のアトラクションのような感覚でプレイでき、操作も手軽なのがよかった。

週刊ファミ通1229号より

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii
9

暗闇や物陰に隠れた霊的な存在の演出が非常に秀逸で、プレイ中は「いつ出てくるのか?」という不安感でいっぱいになる。Wiiリモコンを懐中電灯に見立ててキャラクターを操作する移動方法も、恐怖感を引き立たせるのに適している。どこか影のある物語も、いい具合にマッチしている。

週刊ファミ通1229号より

モリガン長田
ファミ通公式 Wii
8

恐怖をあおる仕掛けが満載で、探索は非常にスリリング。物語も秀逸で、怖いのに続きが気になって止められない。射影機での戦闘は、シャッターを押すタイミングが重要で、毎回緊張する。ただ、フレーム合わせはWiiリモコンとヌンチャクの両方を使うので、慣れるまで苦労しそう。

週刊ファミ通1229号より

デビル藤原
ファミ通公式 Wii
8

リメイク作品ではあるが、キャラクターの背後からの視点と、直感的な操作による恐怖感はかなりのもの。エンディングが複数追加されているのは、ファンにはうれしい要素。ふたりでゲームを楽しめる“シンクロショット”の存在も○。お化け屋敷モードは、息抜きにちょうどいいかも。

週刊ファミ通1229号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
双子の天倉澪と繭を操作し、皆神村の奇怪な謎に挑む『零 〜紅の蝶〜』をリニューアル。プレイするたびに演出が変化する“お化け屋敷”などが追加されている。
発売日
2012年06月28日
価格
6477円 [税抜]
対応機種
Wii 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る
  1. 1
    新作『ポケモンレジェンズZ-A(ゼットエー)』2025年発売。ミアレシティやメガシンカなど『ポケモンXY』にゆかりのあるワードが登場
  2. 2
    『プリキュア』『どれみ』『ナージャ』『ぴちぴちぴっち』『ジャンヌ』『クリィミーマミ』などの大人向け変身アイテムを販売、展示するポップアップストアが東京・大阪で開催
  3. 3
    ポケカアプリがついに登場『ポケモン トレーディングカードゲーム ポケット』【ポケモンプレゼンツ2024.2.27】
  4. 4
    『星のカービィ』のTシャツがしまむら店舗で2/28より販売。カービィやワドルディたちがキュート。オンラインショップでも同日15時販売開始
  5. 5
    “カービィカフェ”の新しいグランドメニューが3月1日より提供開始。ローストビーフ丼はカービィのかわいいランチボックス付き