クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
双子の天倉澪と繭を操作し、皆神村の奇怪な謎に挑む『零 〜紅の蝶〜』をリニューアル。プレイするたびに演出が変化する“お化け屋敷”などが追加されている。
発売日
2012年06月28日
価格
6477円 [税抜]
対応機種
Wii 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

零(ゼロ) 眞紅の蝶(Wii)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii
9

Wiiリモコンで懐中電灯を操作して気になる場所を照らし、調べることが増えたので、PS2版よりも恐怖体験を味わえる。“射影機”で霊と戦うのも、相変わらずスリリングで楽しい。お化け屋敷モードは、遊園地のアトラクションのような感覚でプレイでき、操作も手軽なのがよかった。

週刊ファミ通1229号より

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii
9

暗闇や物陰に隠れた霊的な存在の演出が非常に秀逸で、プレイ中は「いつ出てくるのか?」という不安感でいっぱいになる。Wiiリモコンを懐中電灯に見立ててキャラクターを操作する移動方法も、恐怖感を引き立たせるのに適している。どこか影のある物語も、いい具合にマッチしている。

週刊ファミ通1229号より

モリガン長田
ファミ通公式 Wii
8

恐怖をあおる仕掛けが満載で、探索は非常にスリリング。物語も秀逸で、怖いのに続きが気になって止められない。射影機での戦闘は、シャッターを押すタイミングが重要で、毎回緊張する。ただ、フレーム合わせはWiiリモコンとヌンチャクの両方を使うので、慣れるまで苦労しそう。

週刊ファミ通1229号より

デビル藤原
ファミ通公式 Wii
8

リメイク作品ではあるが、キャラクターの背後からの視点と、直感的な操作による恐怖感はかなりのもの。エンディングが複数追加されているのは、ファンにはうれしい要素。ふたりでゲームを楽しめる“シンクロショット”の存在も○。お化け屋敷モードは、息抜きにちょうどいいかも。

週刊ファミ通1229号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
双子の天倉澪と繭を操作し、皆神村の奇怪な謎に挑む『零 〜紅の蝶〜』をリニューアル。プレイするたびに演出が変化する“お化け屋敷”などが追加されている。
発売日
2012年06月28日
価格
6477円 [税抜]
対応機種
Wii 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る
  1. 1
    『新作歌舞伎 FF10』キャスト扮装ビジュアルが解禁。幼少期のティーダ役として尾上丑之助(9歳)が出演決定
  2. 2
    『アーマードコア6』小倉プロデューサーインタビュー。「『エルデンリング』などで得たノウハウとACシリーズのコンセプトを合わせた新しいアクションです」
  3. 3
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”が3月10日発売。トリッキーな“マスカーニャex”や高火力の“ラウドボーンex”などが登場
  4. 4
    『ライザのアトリエ』ライザのシリーズ25周年を記念したフィギュアが登場。DX版は歴代シリーズに登場したアイテムが飛び出す豪華仕様
  5. 5
    アニメ『鬼滅の刃』上弦の鬼役として宮野真守、古川登志夫、鳥海浩輔、置鮎龍太郎が参加決定! 新PVも公開
特設・企画