2022年12月9日(金)〜12月12日(月)の期間、テラレイドバトルの結晶で『ポケットモンスター スカーレット』ではバンギラス、『ポケットモンスター バイオレット』ではボーマンダに出会いやすくなる。

 なお、出現するバンギラス、ボーマンダのテラスタイプはさまざま。本記事では、ボーマンダのおすすめテラスタイプや活躍のさせかたを紹介する。

バンギラス育成論&レイドで捕まえたいおすすめテラスタイプはこちら
『ポケモンSV』攻略情報まとめはこちら
『ポケモンSV』の購入はこちら (Amazon.co.jp)

イベントテラレイドバトルに参加する方法

 イベントテラレイドバトルを遊ぶには、まずNintendo Switch本体をインターネット接続して最新情報を受け取ろう。もしくは、ゲーム内のメニューから“ポケポータル”→“ふしぎなおくりもの”と進んで“ポケポータルニュースを受け取る”を選ぶと最新情報が受け取れる。

 無事に受け取れていれば、フィールド上にイベントテラレイドバトルの結晶が出現する。マップからでも、ほかのテラレイドバトルの結晶とは異なることが確認できる。

【ポケモンSV攻略】ボーマンダ育成論、おすすめテラスタイプ【スカーレット・バイオレット】
【ポケモンSV攻略】ボーマンダ育成論、おすすめテラスタイプ【スカーレット・バイオレット】
左がイベントテラレイドバトルの結晶。右の通常の結晶と比べて、オーラのようなものが渦巻いているように見える。
【ポケモンSV攻略】ボーマンダ育成論、おすすめテラスタイプ【スカーレット・バイオレット】
マップ上でもイベントテラレイドバトルは白く縁どられて目立つようになっている。

ボーマンダのおすすめテラスタイプ

 ボーマンダのおすすめテラスタイプは以下の5つ。

  • はがね
  • ほのお
  • みず
  • じめん
  • ひこう
【ポケモンSV攻略】ボーマンダ育成論、おすすめテラスタイプ【スカーレット・バイオレット】

 ボーマンダの弱点は、こおり、いわ、フェアリー、ドラゴンの4タイプ。これらすべてのダメージを半減できるうえ、こおり、いわ、フェアリーに対して弱点を突けるはがねタイプは、ボーマンダのテラスタイプとして完璧な相性と言える。

 また、ほのおやみずも4倍弱点であるこおりタイプによるダメージを半減できる点が優秀。“だいもんじ”や“ハイドロポンプ”など特殊技ではあるが、強力な技を覚えられるので攻撃面でも相性がいいタイプだ。

 じめんタイプは元のタイプと同様にこおりタイプが弱点となってしまうが、強力な物理技である“じしん”をタイプ一致で使えるようになるのが魅力。元のタイプでは有効打を持たないはがねタイプに対しても弱点を突ける。

 ひこうタイプも今回のイベントで手に入れておきたいところ。というのも、タツベイはドラゴンタイプなのでボーマンダをタマゴから育てるとテラスタイプは必ずドラゴンタイプになる。

 元のタイプとテラスタイプが一致すると技の威力がさらに上がるので、シンプルで扱いやすい強さがある。“ブレイブバード”を覚えられないボーマンダはひこうタイプの攻撃技が威力不足になりやすいので、ひこうタイプのテラスタルで底上げするのもアリ。

ボーマンダのおすすめ育成法

おすすめ育成案1

  • テラスタイプ:はがね、じめん、ドラゴン、ひこうなど
  • 特性:いかく
  • 性格:ようき
  • きそポイント:攻撃252、素早さ252、HP4
  • 持ち物:クリアチャーム、いのちのたま、ラムのみなど
    • げきりんorドラゴンクロー
    • ダブルウイング
    • りゅうのまい
    • アイアンヘッドorじしん

 ボーマンダのもっとも有名な戦いかたは、特性の“いかく”で相手の攻撃が下がることと持ち前のステータスの高さを活かして、相手の攻撃を耐えながら“りゅうのまい”で攻撃と素早さを上昇。そのまま後続のポケモンもすべて倒して勝利するという絶対的なエースとしての運用だ。

【ポケモンSV攻略】ボーマンダ育成論、おすすめテラスタイプ【スカーレット・バイオレット】

 とりあえずりゅうのまいをした後は、相手にもっとも有効な攻撃を選ぶだけなので簡単で扱いやすい。とくにおすすめなテラスタイプは、やはりはがねタイプ。本来は不利な相手であっても、テラスタルしながら無理やりにりゅうのまいを使うことで、お手軽に相性を逆転させられる。

 持ち物は、本作から新登場のクリアチャームがおすすめ。相手のいかくで攻撃を下げられない点や、“がんせきふうじ”などの技で能力を下げられないことで、1度りゅうのまいを使った後に止められにくくなる。

おすすめ育成案2

  • テラスタイプ:ほのお、みず
  • 特性:いかく
  • 性格:おくびょう
  • きそポイント:特攻252、素早さ252、HP4
  • 持ち物:いのちのたま、こだわりメガネなど
  • 技:りゅうせいぐん
    • エアスラッシュorぼうふう
    • だいもんじorかえんほうしゃ
    • ハイドロポンプ

 攻撃のステータスが高いため、物理技メインで戦うのが主流のポケモンだが、じつは特攻も高いので特殊技メインでも戦える。特殊型のメリットは、いかくのように特性で特攻を下げられることがないことと、相手の意表を突けること。

【ポケモンSV攻略】ボーマンダ育成論、おすすめテラスタイプ【スカーレット・バイオレット】

 物理技で攻撃されると思って防御の高いポケモンに交代したら、特殊技で攻撃されて思わぬダメージを負ってしまう、といった感じ。

 デメリットは、純粋な攻撃性能が物理型に劣ること。そのため持ち物はダメージを高める効果を持つものを持たせたい。

 案1と違って、1匹で相手を全員倒し得るほどの圧倒的パワーはないものの、想定外の攻撃で相手のプランを崩す戦いかたができる。人とはちょっと違うことがやってみたいという方におすすめ。

 以上、ボーマンダのおすすめテラスタイプと育成案について紹介した。いますぐにバトルで使いたいという人はもちろん、そうでない人も後々使いたくなるかもしれないので、この機を逃さず、さまざまなテラスタイプのボーマンダを集めておくことを薦めたい。

【ポケモンSV攻略】ボーマンダ育成論、おすすめテラスタイプ【スカーレット・バイオレット】

 なお、今回のイベントテラレイドバトルは難易度が星4~5とのことなので、特別な攻略が必要なほど難しくはないはずだ。

 以前に紹介した星6テラレイドバトル攻略法を参考に挑戦してみてほしい。

竹内白州
ファミ通最強のポケモン担当ライター。ポケモンジャパンチャンピオンシップス2021では選手として本戦に出場、ポケモンワールドチャンピオンシップス2022では解説者として公式生放送に出演するなど、ポケモンバトルに関する知識と実力はお墨付き。
『ポケモンSV』攻略情報まとめはこちら
『ポケモンSV』の購入はこちら (Amazon.co.jp)