2022年5月24日(火)、スクウェア・エニックスはMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』の6.11aパッチノートを公開した。本パッチでは、PvPアクションの調整や不具合修正が行われる。

『ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ』(PC)の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック』(PC)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

 このパッチで注目となったのはシステム修正だ。パッチ6.0リリース直後の混雑緩和のために実装していた、なにも操作が行われない状態が30分継続した場合の自動ログアウト処理が削除されることとなる。この自動ログアウトの仕様に関しては、ちょっとした離席中にログアウトしてしまうプレイヤーも多かったようで、SNSではこの自動ログアウトの削除を歓迎する喜びの声が多く投稿されている。

 そのほか、吉田Pの出没情報が相次ぐクリスタルコンフリクトで絶賛盛り上がり中のPvPにも調整が入った。ガンブレイカー、吟遊詩人、機工士、踊り子、黒魔道士、召喚士が強化され、赤魔道士と占星術師が調整される。猛威を振るっている忍者などには調整は入らなかった。遠隔ジョブがかなり強化されたので、環境がどのように変化するのか注目だ。

『FF14』6.11aパッチにて自動ログアウトを削除

※画像は公式サイトのスクリーンショットを使用しています。