いまからの4年前の2017年(平成29年)3月3日は、Nintendo Switch及びWii U用ソフトの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、Nintendo Switchのローンチタイトルとして任天堂から発売されたアクションアドベンチャーゲーム。“ゼルダのアタリマエを見直す”をコンセプトに開発され、従来のシリーズから劇的な変貌を遂げた本作は、世界中のゲームファンからの賞賛を浴びて大きな話題を呼んだ。シリーズ最高傑作の呼び声も高い。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。劇的な変化を遂げて世界中で称賛の嵐となった傑作。オープンワールドの常識を覆して2145万本の大ヒット【今日は何の日?】
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(Switch)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

 やはり最大の見どころは、本格的なオープンワールド形式を採用している点。本作においては“オープンエア”とも称されている。開けた世界を冒険するワクワクや広大なフィールドの開放感があるのはもちろんだが、ひとつの世界が本当にそこにあると錯覚してしまうような空気感を漂わせているのがスゴイところ。

 「やってみたい」と思うことはたいてい何でもすることが可能で、思いつきで行った行動に対してまさかのリアクションが用意されている場合も多々あり、SNSなどでもたびたび話題になっていた。

 ダンジョンや試練の祠の謎解きにもいくつもの解放が用意されていて、プレイヤー各々のやりかたで突破できてしまうのがかなり斬新。ジャイロ機能で迷路を傾けて球を転がしていくミャマ・ガナの祠の謎解きで、迷路を裏返して無視したり、迷路をラケットに見立てて球を打てたりできてしまうのには、筆者は相当驚かされた。

 想定済みで用意した開発陣もすごいが、思い付いてしまうプレイヤーたちも負けず劣らずすごい。丸太に乗って主人公のリンクが飛んでいく姿はいまでも忘れられない。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。劇的な変化を遂げて世界中で称賛の嵐となった傑作。オープンワールドの常識を覆して2145万本の大ヒット【今日は何の日?】
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。劇的な変化を遂げて世界中で称賛の嵐となった傑作。オープンワールドの常識を覆して2145万本の大ヒット【今日は何の日?】
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。劇的な変化を遂げて世界中で称賛の嵐となった傑作。オープンワールドの常識を覆して2145万本の大ヒット【今日は何の日?】

 また、リンクはほとんどの壁を登れてしまうため、最初から行きたい場所へ行けてしまうのも画期的だった。オープンワールドゲームに限ったことではないが、通常ゲームでは行動範囲を制限するのが一般的。しかし『ブレス オブ ザ ワイルド』は極限まで自由で、行こうと思えばいきなりラスボスの場所までたどり着けるのだから、かなりの常識破りと言えるだろう。

 100年の眠りから覚めたリンクが、すでにこの世にいない英傑たちの過去を辿っていくストーリーも秀逸。“ウツシエの記憶”で明らかになっていくゼルダ姫との関係も非常に興味深く、多くの人が思い出の場所を探し出すのに躍起になっていたのではないだろうか。筆者的には『ゼルダの伝説』シリーズ随一のストーリーという認識で、短く断片的な描かれかただったにも関わらずかなり夢中になった記憶がある。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。劇的な変化を遂げて世界中で称賛の嵐となった傑作。オープンワールドの常識を覆して2145万本の大ヒット【今日は何の日?】
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。劇的な変化を遂げて世界中で称賛の嵐となった傑作。オープンワールドの常識を覆して2145万本の大ヒット【今日は何の日?】
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売された日。劇的な変化を遂げて世界中で称賛の嵐となった傑作。オープンワールドの常識を覆して2145万本の大ヒット【今日は何の日?】

 2020年11月20日には、100年前の“大災厄”を舞台にした『ゼルダ無双 厄災の黙示録』がコーエーテクモゲームスから発売されているので、ストーリーが気に入った人はこちらをプレイしてみるのもいいだろう。

 また、本作の続編が製作中で2021年内に新情報が発表される予定なので、2021年7月16日発売の『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』をプレイしつつ待ちたいところだ。

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』(Switch)の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』(Switch)の購入はこちら (Amazon.co.jp)