TYPE-MOON studio BBが、PSPソフト『Fate/EXTRA』の発売10周年を記念したお祝い動画を公開。その中で、『Fate/EXTRA』のリメイク作『Fate/EXTRA Record』が発表された。本日20時から配信される『Fate/EXTRA』シリーズ10周年記念番組で続報が公開されるとのこと。

 また、『Fate/EXTRA Record』のティザーサイトもオープン。ワダアルコ氏のキービジュアルに加え、“発売から10年を経て、現行機向けのリメイク開発が始動しました”といったメッセージが公開された。

『Fate/EXTRA Record』ティザーサイト

 今回の映像は、“『Fate/EXTRA』の発売10周年を記念したお祝い動画”というイメージでスタートしたものの、突如画面がハッキングされたような演出から変化。『Fate/EXTRA Record』の発表動画に切り替わった。

 『Fate/EXTRA Record』の映像では、『Fate/EXTRA』から変化を感じる場面が多数確認できる。まず、学園内の移動がダンジョンと同じく、キャラクターの背後からの視点に。3Dの月海原学園を自由に歩き回れるようなものになっていた。

 そのほか、ゲーム冒頭の“間桐 シンジ”との会話、“遠坂 凛”との屋上での出会いのシーンのほか、ラニの姿や、最初に対峙することになるライダーとの戦いの一部を確認できた。

 また、映像の最後にはアーチャーの無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)の詠唱も。主人公のパートナーとなる3騎のうちセイバーとアーチャーの姿は確認できたが、キャスターの姿はない。本日20時からの番組で発表されるのだろうか。

 映像のラストには“遠坂 凛”が再び登場。本日20時の『Fate/EXTRA』シリーズ10周年記念番組や、シリーズの思い出募集などの告知などを行った。なお、彼女の背景に写っているのは、以前公開されたTYPE-MOON studio BBの社内。TYPE-MOON studio BBからメッセージを送っていたようだ。

 『Fate/EXTRA』は『Fate/stay night』を原作としたRPG。PSP用ソフトとして2010年7月22日に発売され、本日2020年7月22日に10周年を迎えた。ファミ通.comで2019年10月に掲載した奈須きのこ氏インタビューでは、“ぜひ『Fate/EXTRA』を現行機でリメイクしてほしいです”という質問に対し、奈須きのこ氏は「“奈須きのこが生きているうちにやらなくちゃいけないリスト”のひとつに、『EXTRA』シリーズのリメイクがあり、前向きに検討しています。」と発言。それが10周年のタイミングで実現したと思われる。

※画像は映像をキャプチャーしたものです。