PSP用ソフト『Fate/EXTRA』の発売10周年記念で発表された、リメイク作『Fate/EXTRA Record』。本作の続報が、“【公式】Fate/EXTRAシリーズ10周年記念生特番”で公開。生放送に合わせて随時更新でお届けしていく。

 出演は、“遠坂 凛”の姿を借りた植田佳奈さんと、『Fate/EXTRA Record』で企画・監督を務める新納一哉氏。視聴者からのコメントに答える形で、新納氏が新情報を答えていった。

  • 『Fate/EXTRA Record』では主人公・岸波白野がしゃべる。男女のボイスありで、ボイスオフの設定もある
  • 「Steam版が欲しい」という声については、何で出るとは言えないけれど、幅広い皆さんにお届けしたいと思っている。期待していただいていい
  • Fate/EXTRA CCC』もリメイクしたい。でも、何も決まっていない。けっこうエッチなゲームなので、いま出すとしたらどうすればいいか悩むので、時間をかけて考えたい
  • EXTELLA LINK』のシャルルマーニュの人気が高く、『Fate/EXTRA Record』に入れてほしいというメッセージも届いたが、直接的につながっているものではないので、難しい
  • 『Fate/EXTRA Record』ではバトルシステムを大きく変える。当時じゃんけんにしたのは、あいこを発生させて、サーヴァントどうしが打ち合う演出をやりたかった
  • 『Fate/EXTRA Record』のモブマスターをフルボイス化も検討。「でも、まだわからない。やらないかも」
原体験を変えたくないという意図で、ワダアルコ氏のキービジュアルは、手前の赤セイバーがクールな顔付きにしている。
“サーヴァントとはなんぞや”というところから、ゆっくりと遊べるゲームなので、そこも説明できるように、初めて『Fate』を遊ぶ人も大丈夫なようにしている。
新納氏は『Fate/EXTRA』リメイクを作ることと、もう一本を作るために前の会社を辞めたとのこと。「そのもう一本は壮大な新作。7年後の新作が、皆さんに“作るゲームが楽しみ”と思ってもらえるようにしたい」。
ノベルパートも健在。キャラクターはだいたい話せるようになる。
原作ではマスターの後ろをついてくる形で移動していたセイバーが、リメイク版では先導してくれるように。アーチャーだったら自分を守る動きをしてくれる。
バトルシステムは、デッキビルド系に。コマンドがランダムで流れてきて、このターンはどれで戦うのが一番いいのかを探るゲーム。いかに敵からのダメージをくらわないようにしつつ、ダメージを与える、毎ターン毎ターンで考えていく。
戦闘終了時に新しいコマンドを入手。プレイ映像では“回転斬り”とコードキャストを確認できた。
赤セイバーの表情がよく動く。柔らかな表情もあれば、鋭い目つきのキリっとした表情も。なお、今回公開された表情はテスト版のため、まだまだブラッシュアップされるようだ。
キャラクターのイラストも公開。
遠坂 凛。絶対領域そのままなのに、ピンヒールで大人っぽく。赤と黒の配色が変わっているが、凛のイメージはまったく損なわれていない。
大きく変わったユリウス。ビジュアル系的に目立つキャラだったので、任務やストーリーに合うデザインに。そのほか、ランルーも顔は同じだけど、服が変わったという。
敵のデザインにも変更が加えられている。
ゴーレムはスマートな脚部になる。原作とは違い、飛んで攻撃してくるかもしれない。

『Fate/EXTRA』10周年関連情報

ワダアルコ氏初画集発売決定!

 ワダアルコ氏の初画集“Amor Vincit Omnia -ワダアルコFate作品集(仮)”が2021年発売予定で発売決定。続報はTYPE-MOON公式サイトTYPE-MOON公式Twitterにて。

ワダアルコ初画集“Amor Vincit Omnia -ワダアルコFate作品集(仮)”2021年発売予定で発売決定。噂では300ページあるとか。

『Fate/EXTELLA』、『Fate/EXTELLA LINK』がスマホに登場

 ハイスピードサーヴァントアクション『Fate/EXTELLA』と『Fate/EXTELLA LINK』が、スマートフォンで登場。番組終了後からAppStore、GooglePlayで配信開始!

『Fate/EXTELLA Celebration BOX』発売決定。公式たまごっち“えくすてらっち”を同梱

 ワダアルコ氏描き下ろしの豪華特製ボックスにゲームソフト『Fate/EXTELLA』、『Fate/EXTELLA LINK』を同梱した“Fate/EXTELLA Celebration BOX”が発売決定。さらに、公式たまごっち“えくすてらっち”も同梱! “えくすてらっち”では30種以上のサーヴァントを育成可能。

Webミニゲーム“ディグダグBB”公開

 スマートフォン、PCのWebで遊べるミニゲーム“ディグダグBB”が期間限定で無料公開。クリアーするとオリジナル壁紙がゲットできる。『ディグダグ』はナムコ(当時)のアクションゲーム。“ディグダグBB”では、主人公ディグダグがBBに変化している。

“ディグダグBB”はこちら

 番組ラストには、ファーストトレーラーのBGMをアレンジしたアナザー版が公開。さらに、トレーラー最後のアーチャーの詠唱シーンでは、音声が日本語に。