aNCHORは、本日2020年6月26日~7月10日の期間、PC向けゲームプラットフォーム“Steam”で配信中の『マブラヴ』シリーズを40%OFFで提供するサマーセールを開催している。

 セールの対象タイトルは、『マブラヴ』『マブラヴ オルタネイティヴ』『マブラヴ photonflowers*』の3作品。いずれもWindows 10に対応している。

・『マブラヴ』/3090円→1854円

 2001年10月22日、主人公・武が目を覚ますと隣には凛々しい武士っ娘が添い寝。毎朝起こしに来る幼馴染み・純夏はその光景に絶句、必殺の「ドリルミルキィパンチ」をお見舞い――かくして日常は終わりを告げ、時空を超えた愛と勇気のお伽話が始まった。

 原点にして終点。発売当時は賛否両論でオタク界を二分し、15年経過して今なお愛され、多くの後発作品に影響を与え続けるマブラヴ・サーガの第一弾・『超』王道学園AVG。
出典:マブラヴポータルサイトより

Steam版『マブラヴ』購入ページ

・『マブラヴ オルタネイティヴ』/4100円→2460円

 ある朝「並行世界」の「あの日」で再び目覚める武。そこは意思疎通不可能な地球外起源種「BETA」との戦争で人類が滅亡に瀕した世界。純夏は存在せず、街は荒廃。ヒロイン達は軍人、学園は軍事基地に。人類敗北の断片記憶に突き動かされ、武は自ら行動を開始する。

 未だ類例のない、戦後オタクエンタメが到達し得なかった唯一の「回答」。学生から政治家まで、人としての「立脚点」を求める全ての階層に愛され続けるオールタイムベストAVG。
出典:マブラヴポータルサイトより

Steam版『マブラヴ オルタネイティヴ』購入ページ

・『マブラヴ photonflowers*』/2570円→1542円

 『マブラヴ』発売後、世に送り出された数多くの短・中編エピソードから、本編の世界観を補強する選りすぐりの7編を収録。

  • ゲーム発売前にオフィシャルHPで発表された前日譚「マブラヴヒロイン短編集」
  • ファンディスク『マブラヴ SUPPLEMENT』より純夏エンド後日談『桜の花が咲くまえに
  • 『マブラヴ オルタネイティヴ』の正統外伝『CHRONICLES』より『贖罪』、『継承』、『告白
  • 同人小説から公式採用、ゲーム化された『チキン・ダイバーズ』・『レイン・ダンサーズ
    出典:マブラヴポータルサイトより
Steam版『マブラヴ photonflowers*』購入ページ