まさかのリバイバル開催で、第1回のフェス“どっちがお好き? マヨネーズ vs ケチャップ”が復活する、Nintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』。フェスはふたつの勢力に分かれてナワバリバトルで競うお祭り的なイベント。もともとは、2019年7月でフェスの開催は幕を閉じたが、今回は異例のリバイバル開催となる。

 なかには、2019年8月以降に『スプラトゥーン2』を始めて、まだフェスに参加したことがない人もいるだろう。そんな方々や、久しぶりのフェスでルールを忘れてしまった方々に、フェスの流れや勝敗の決まりかた、参加方法などを解説しよう。ナワバリバトルのコツなどをまとめた攻略は↓の記事をチェック!

フェス中はハイカラスクエアがライブ会場のような雰囲気に。テンタクルズのパフォーマンスにイカやタコ、クラゲが盛り上がる!
※写真は過去のフェスのものです。
『スプラトゥーン2』(Switch)の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『スプラトゥーン2』(ダウンロード版)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

フェスのテーマ、開催期間、参加方法

ハイカラスクエアのモニターから参加する陣営を選べる。

 今回のリバイバルフェスのお題は“どっちがお好き? マヨネーズ vs ケチャップ”。開催期間は、“2020年5月23日(土)7時00分~5月25日(月)7時00分”だ。

 期間内に『スプラトゥーン2』を起動し、ハイカラスクエアのモニターから参加する陣営を選んで、フェスマッチに挑もう。

陣営を決めてフェスTをもらおう

左右で陣営を選んで決定!

 まずはフェスのお題となる陣営を決めよう。リバイバルフェスの場合は、“マヨネーズ”と“ケチャップ”のいずれかを選ぶ。すると、選んだ陣営のフェスTが支給され、フェス期間中はフクがフェスTから変更できなくなる。

 なお、フェスTについているギアパワーは“追加ギアパワー倍加”。これは、その名の通り、フェスTに付いたサブギアパワーの効果を倍にするもの。サブギアパワーのため、倍になってもメインギアパワーの効果には及ばないので要注意。

フェスの勝敗は何で決まる?

フェス終了の一定時間後に、ハイカラニュースで結果が発表される。

 フェスは、3つの項目の優劣で勝敗が決まる。その項目は、“各陣営の投票率”、“レギュラーのこうけん度”、“チャレンジのこうけん度”。“各陣営の投票率”はどちらの陣営のほうが投票が多かったかを競うもの。“レギュラーのこうけん度”と“チャレンジのこうけん度”は、それぞれの部門(詳細は後述)で獲得した“こうけん度”を競うもの。

 この3つの項目でふたつ以上上回った陣営が、勝利となるわけだ。

フェスで勝つと何がもらえるの?

スーパーサザエをゲット!

 フェスの結果に応じて、ご褒美に“スーパーサザエ”(ギアのスロット追加や、ギアパワーの付け替えをスパイキーに頼むときに使う)がもらえる。勝った陣営に参加していたほうが多くもらえるが、負けた陣営でもスーパーサザエはもらえるのでご安心を。

 また、フェスはバトルを重ねていると、徐々に称号の階級がアップしていく。最初は“ふつうの”だった階級が、“まことの”、“スーパー”、“カリスマ”、“えいえんの”と変わっていくのだが、この階級が高いほうが、スーパーサザエがもらえる量もアップ!

フェスのバトルのルール、ステージは?

第1回フェス時の画像。

 フェス期間中のバトルは、ガチマッチ、リーグマッチはお休みで、ナワバリバトルしか選べない(サーモンラン、プライベートマッチ、イカッチャは除く)。また、通常のステージに加えて、専用のステージ“ミステリーゾーン”が選ばれるようになる。

 なお、フェス中はインクが特別な色になるほか、ステージは夜景になり、BGMもテンタクルズの楽曲が流れるという特別仕様だ。

フェスマッチ“レギュラー”

 レギュラーでは、“ソロ”のほか、3人までのフレンドを加えて4人でいっしょに楽しむ“フレンド”で参加可能。2〜3人で参戦する場合、ソロで参加しているほかの人を加えて4人チームとなる。バトルの1戦終了ごとに“つづける”か“カスマイズしてつづける”を選べば、つぎのバトルも同じチームで戦える。

 レギュラーで“こうけん度”を獲得するには、相手に勝利したときだけでなく、負けた場合ももらえる(勝利時よりは減る)。

“おそろいボーナス”と“二つ名”

 レギュラーでは、同じチームメンバーどうしで見た目やブキなどを“おそろい”にすることによって、ボーナスが加算される。揃える対象はギアだけでなく、種族や性別、髪型にも及び、これらをすべて揃えると、最大で2倍の“こうけん度”がもらえるのだ。また、おそろいボーナスが発生しているときは、バトル開始時にチームの二つ名が表示されるので、こちらもうれしいところ。

フェスマッチ“チャレンジ”

 チャレンジは、ソロでのみ参加できる部門。ガチマッチのガチパワーのように、フェスパワーが計測され、数値が近いプレイヤーどうしがマッチングする。そして、フェスパワーの上位100人が“フェス100ケツ”として、スマートフォンアプリ“Nintendo Switch Online”の中で表彰されるのだ。

 レギュラーではバトルに敗れても“こうけん度”が獲得できるが、チャレンジでは負けたら“こうけん度”はゼロ。自分の実力を試したい人に向いている。

10倍マッチと100倍マッチ

 フェスに参加していると、低確率ながら10倍マッチが発生する場合がある。ここで勝利すれば、文字通り10倍の“こうけん度”がもらえるのだ。さらに低確率の100倍マッチでは“こうけん度”も100倍に! また、100倍マッチで勝った味方チームは、ロビーやハイカラスクエアのモニターに表示される。

 以上でフェスの解説は終了。全力でフェスに挑みつつ、このお祭り騒ぎを楽しもう!

週刊ファミ通6/11号(5/28発売)は『スプラトゥーン』5周年特集!

 いきなりですが、宣伝です。週刊ファミ通6月11日号(5月28日発売)は、『スプラトゥーン』5周年特集。5年間の足跡を振り返るとともに、ブキやステージ、音楽などの変化をたどります。読者から寄せられた5周年お祝いメッセージ&イラストも掲載! ボリュームは5周年に合わせて(?)55ページ!! 詳しい内容は近日公開予定。気になる方は、ぜひご予約を!(各種サイトで電子版もあります)

『週刊ファミ通 2020年6月11日号』の購入はこちら (Amazon.co.jp)

『スプラトゥーン』注目記事