2020年5月20日、『荒野行動』や『IdentityV 第五人格』などで知られる中国大手メーカーNetEase Gamesが毎年恒例となっている、同社のタイトルの情報を紹介する年に一度のカンファレンス“第6回年度発表会”を開催した。

 今年は新型コロナウイルスの影響によりオンラインでの開催となったが、人気作の新情報や新タイトルをお披露目した。以下、そのなかから注目作をピックアップしていこう。

『荒野行動』が『ワンパンマン』とコラボ

 『荒野行動』と人気TVアニメ『ワンパンマン」のコラボレーションが決定! 詳細は未定ながら、これからどんどんお楽しみイベントを企画していくとのこと。なお、『荒野行動』は2017年にリリースされてから現在まで、全世界で3億回以上ダウンロードされ、国内でのダウンロード数も3500万を突破しているとのことだ。

『荒野行動』公式サイト
『荒野行動』公式Twitter

『IdentityV 第五人格』は新キャラクターや新マップ、新しい遊びかたを発表

 非対称型対戦サバイバルゲームとして日本でも人気の高い『IdentityV 第五人格』。これまで数々の人気IPとのコラボレーションを積極的に展開してきた同作だが、発表会では『IdentityV 第五人格』の新PVが公開された公開された。

 このミステリアスなPVは、“今年度の重大更新内容を小出しに披露”しているとのことで、「奥深くひっそりとした街角と風情ある赤い唐傘はチャイナタウンを象徴、もうすぐリリースされる新マップです。画面に映る神秘的な影絵は新しい登場キャラクターを示しています。順番にガラテアと画家、昆虫学者。彼らを歓迎する準備はできましたか? 同様に期待を集めるのは独創性に富んだ新しいプレイスタイル、“小アルカナ”。エウリュディケ荘園でどのような素晴らしい対決が繰り広げられるのでしょうか?」(リリースより)とのこと。

 ほかにも不思議でまだ誰も知らない要素があるとのことで……。期待したい。

『IdentityV 第五人格』公式サイト

『決戦!平安京』くまモンとのコラボが決定!

 NetEase Gamesの『陰陽師本格幻想RPG』のシリーズ作『決戦!平安京』が、くまモンとのコラボを発表。間もなく、くまモンは山を越えて、海を渡り、平安京の世界にやってきて、ユーザーの想像を超える冒険を始めるとのこと。親善大使のくまモンは、平安京の住民たちとどのようなエピソードをくり広げるのか……。くまモンの登場がいまから楽しみ!

 今年の花火シーズンイベント“熊本・花火の旅”は7月3日よりスタート。今回は、たくさんの報酬のほか、桜子とくまモンが熊本県をご案内。この夏は、ぜひ平安京の夏祭りにご参加あれ!

『決戦!平安京』公式サイト

『ハリー・ポッター』の新作スマホゲームのPVが公開

 発表会では、『ハリー・ポッター』の新作スマートフォンゲーム『Harry Potter: Magic Awakened』(『ハリー・ポッター:魔法の覚醒』)の最新映像が公開された。トゥーンタッチのビジュアルが目を引く同作は、『ハリー・ポッター』の世界観をモチーフにしたカードゲーム。NetEase Gamesとワーナー ブラザースが共同開発、共同リリースするタイトルであり、ワーナー ブラザースが立ち上げた魔法ワールドに特化したスマートフォンレーベル“Portkey Games”のブランドとして予定されている。ちなみに、現在配信中の『ハリー・ポッター: 魔法同盟』も同レーベルの1本。映像によると、中国では5月29日にクローズドベータが実施されるようだ。

 『Harry Potter: Magic Awakened』(『ハリー・ポッター:魔法の覚醒』)の日本国内での展開が気になるところだが、大いに期待してもよいのではないかと!

 そのほか発表会では、『The Ragnarok』、『King of Hunters』、『Code: T』といったタイトルも紹介された。詳細は明かされなかったが、映像を見る限りでは、『The Ragnarok』はファンタジーの世界を舞台にしたアクションゲーム、『Code: T』はサイバーパンクの世界観をモチーフにしたアクションとなるようだ。昨年の発表会でも紹介されていた『King of Hunters』はスマートフォン向けのMOBAとなる。

 いずれも日本での展開は明らかにされていないが、大いに期待したいところだ。