2K Gamesが、オープンワールドクライムアクション『マフィア』シリーズのリマスター版等を発表。初代作の4K対応リメイク『マフィア コンプリート・エディション』を2020年8月28日にプレイステーション4/Xbox One/PCで発売する。

 『マフィア コンプリート・エディション』は、禁酒法時代を舞台にマフィアファミリーの中でのし上がっていく2002年作をベースにHangar 13によって開発されたリメイク版となっており、4K解像度やHDRに対応するほかバイクなどの要素も追加されている。

 そして、第二次世界大戦後が舞台の第2作のリマスター版『マフィアII コンプリート・エディション』および、ベトナム戦争後が舞台の第3作のDLC全部入り版『マフィアIII コンプリート・エディション』とセットになった『マフィア トリロジー・パック』も発表に。

 こちらはすでに配信されており、購入すると2と3についてはすでにプレイ可能で、『マフィア コンプリート・エディション』発売時にそちらもプレイ可能になるという形だ。

2のPC版と3の全バージョンの自動アップグレードも提供

 さらに太っ腹なことに、『マフィアII コンプリート・エディション』と『マフィアIII コンプリート・エディション』についてはアップデートも行われる。

 まずSteamでPC版『マフィアII』を所有していた場合、ライブラリーに日本語にも対応したコンプリート・エディションが追加されダウンロード可能になっている。

 そして家庭用版も含めて『マフィアIII』が自動的にコンプリート・エディション扱いとなり、DLCがダウンロード可能に。パッケージ版でも(追加ダウンロードは必要なものの)対応するとのこと。