ソニー経営方針説明会がオンラインで開催

 2020年5月19日、ソニーの経営方針説明会がオンラインで行われ、プレイステーション Plus会員数が4150万人、プレイステーション Nowの会員数が220万人を突破したことなどが発表された。

 説明会には、ソニーの吉田憲一郎社長兼CEOが登場し、今後のソニーグループの展望について紹介。

 その中で、コロナウイルスの感染拡大の影響もあり「デジタルエンタテインメントの需要は高まっている」とし、プレイステーション5(PS5)の機能などを改めて解説した。

 2020年の年末商戦機に発売予定のプレイステーション5では「解像度の向上に加えて、スピードを進化させる」とし、SSDカスタム設計などでプレイステーション4に比べ100倍の読み込み速度を誇るといった、PS5の性能を紹介。

 広大なゲームの世界をほぼ瞬時に読み込み切れ目のない没入感を実現すると説明した。

 さらに、新しい五感に訴えかけるコントローラー“デュアルセンス”を紹介。泥道を走るハンドルのような感覚が伝わるハプティック技術や弓を引き絞る感覚を体験できるアダプティブトリガー機能について触れた。

 さらに、音の進化面では、多様な3Dオーディオ処理専用の表現が可能になり、音が自分の周りを動き回るような感覚を味わえると説明。

 これらのスピード、触感、音が一体となってゲーム体験をさらに高め、「次世代機の名にふさわしいこれまでできなかったゲーム体験を提供する」と述べた。

 また、ソフトについては「ファーストパーティ、サードパーティともに準備が進んでおり近々紹介する予定」があるとのことだ。

PS Plus会員が4150万人を突破

 続いて、プレイステーション Plus会員が全世界で4150万人を突破したことも発表。

プレイステーション Plus 3ヵ月利用権[オンラインコード]の購入はこちら(Amazon.co.jp)

PS Nowは1年で100万人以上の会員増

 さらに、クラウドゲーミングサービスである“プレイステーション Now”は、内容の刷新などを行った結果、2019年3月末から2020年4月末で100万人以上の会員増があり、220万人を突破したとしている。

PlayStation Now 3ヵ月利用権オンラインコード版の購入はこちら(Amazon.co.jp)

 プレイステーション4のリモートプレイはAndroid、iOSへの対応などにより、2018年12月と2019年12月の比較でアクティブユーザーが2.5倍に増加。

 このようなサービスで、今後もコンソールのイマーシブなゲーム体験と、クラウドによるシームレスな体験を提供していくとしてゲーム部門の発表を締めた。

※画像は配信をキャプチャーしたものです。
[2020年5月20日19時45分修正]
スライドの訂正版が掲載されたことにともない、一部のスライド画像を差し替えました。