ついに発売された『ファイナルファンタジーVII リメイク』。現代の技術で作られた新しい『FFVII』は、グラフィックやバトルはもちろん、音楽も生まれ変わり、新規の楽曲も多数追加され、大幅にパワーアップ。そのオリジナルサウンドトラック『FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack』は2020年5月27日に発売予定となっている。

 本稿では、その『FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack』の発売を記念して、『FFVII リメイク』の音楽に携わった開発スタッフへのメールインタビューを実施。

 インタビューから伝わる細やかで多岐にわたるこだわりを通じて、開発スタッフの『FFVII リメイク』への並々ならぬ想いを感じたり、それらを知ることでゲーム体験がより深く、豊かなものになれば幸いだ。

 第2弾は『FFVII リメイク』ではMUSIC SUPERVISORを務める、河盛慶次氏。

※これまでに公開したインタビューはこちら

河盛 慶次(かわもり けいじ)

『ファイナルファンタジーVII リメイク』MUSIC SUPERVISOR。スクウェア・エニックス入社後、ファイナルファンタジーシリーズを初めとする各タイトルでシンセサイザー・オペレーターとして活動。現在では音楽ディレクションも手がけるなど活躍の場を広げている。近年の担当タイトルは『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』、『ファイナルファンタジーXV』、『キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV』など。

――オリジナル版『FFVII』発売当時は、どんな立場で、どういった思いで『FFVII』を見ていましたか?

河盛まだ入社しておらず、コンビニですごいスケールのゲームが出るんだなと思って見てました。その後、『FFVIII』の開発に参加する前にゲームをプレーし、その圧倒的ゲームボリュームに驚いたのを憶えています。

――アレンジされている……といいますか、“リメイク”されている曲も多いと思いますが、原曲があるものに関しては、アレンジについてはどんな方向性を? また、新曲については、コンポーザーの方々とテーマや方向性のようなものを話し合ったりは?

河盛アレンジに関してですが、いちばん大きな方向性はシームレスに音楽変化させていきつつもメロディーは大事にしたいという点でした。制作にご参加いただいた皆さんは、『FFVII』プレー経験がある方が多く、お願いした段階で話さなくてもこの点は理解していただいていたのでスムーズに作業に入ってもらえてありがたかったです。

――『FFVII リメイク』の音楽について、ゲーム開発からのリクエストはどんなものがありましたか?

河盛過去作のいい部分は残しつつも新しくチャレンジしたものを制作しようという点と、シームレスなゲームデザインに併せてBGMもできる限りシームレスに繋げようという点です。シームレスに曲を切り替えることは切り替えやすいようにBGMを制作していれば難しくないのですが、切り替えることだけに主眼をおきすぎると、大事な植松さんのメロディーを台無しにしてしまうので、切り替え方など、試行錯誤した部分でした。

――サントラは、CD7枚組+特典ディスクの計8枚組という大ボリュームになっていますが、このボリュームは当初から予定されていたのですか?

河盛ボリュームがすごいことになるのは想定していたのですが、制作を始めるとどのシーンも力が入ってしまいアレンジのバリエーションが増えてしまいました。そのシーンに併せてきっちりと作り込みを行っているので、無駄に増やしたということではなく必然性があって増えた感じです。2回目をプレーされる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、音楽のアレンジの変化などにも注目すると、新鮮な気持ちで遊んでいただけるかと思います。

――収録されている順番はゲームでかかる順番になっているんでしょうか?

河盛ほぼゲームでかかる順番になっています。

――レコーディング等で印象に残っていることはありますか?

河盛音楽の制作はもう少し前から始めていましたが、2019年のE3のトレーラーに向け、いちばん最初のレコーディングを行いました。奏者の方が演奏される最初の音を聞いたとき、始まるんだと思って気合が入ったのを憶えています。あと、改めて植松さん楽曲の持つパワーも再認識しました。

――とくに思い入れの強い曲、収録などで苦労したことなどあれば。

河盛制作での苦労ですが、開発当初、最近はBGMがあまりならないゲームも多くなっており、シームレスなゲーム性でどこまでBGMを鳴らすかを鳥山、伊勢と相談しながらリメイクにふさわしい鳴りかたを見つけるのに苦労しました。テストを重ねた結果、ユーザーの操作に併せてシームレスに曲を切り替えるならオリジナルと同じで、ほぼずっと鳴らすで制作しようと決まりました。

――ゲーム内でミュージックディスクを入手するというコレクション要素がありますが、ここでセレクトされている曲は、過去のアレンジ曲になるのでしょうか? また、この要素は開発側から入れたい、といったオファーが?

河盛鳥山のほうからジュークボックスを実装したいという提案があり、いろいろと検討しながら現在の選曲になりました。ほとんどの曲は専用にアレンジしていますが、一部弊社から発売しております『SQUZRE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-』(※公式サイトはこちら)から流用しております。リメイクのサントラとともに、こちらのジャズアレンジCDもお楽しみいただければです。

河盛慶次氏のサイン色紙を1名様にプレゼント

 『ファイナルファンタジーVII リメイク』ではMUSIC SUPERVISORを務める、河盛慶次氏のサイン色紙を1名様にプレゼントします。

 応募方法は、ファミ通.comのTwitterアカウントをフォローして、該当のツイートをリツイートすれば完了! 当選者の方にはDMでお知らせします。

応募締切

2020年4月26日(日)23時59分リツイート分まで

当選発表

 2020年4月27日(月)以降に、ファミ通.com公式アカウント(@famitsu)から、当選者へDM(ダイレクトメッセージ)を使って通知します。

※DMを送るため、発表まではファミ通.com公式アカウント(@famitsu)のフォローを解除しないでください。
※当選者にお送りするDM内に、賞品発送先の登録フォームのURLを記載しますので、2020年5月10日23時59分までに必ずご登録ください。期限までに登録が確認できなかった場合は、当選権利が取り消されます。

注意事項

  • このキャンペーンにご応募いただくにはTwitterへの登録(無料)が必要です。
  • 応募に際し発生する通信料・通話料などは、お客様のご負担となります。
  • フォローやリツイートの際、正常な画面が表示されない場合は、Twitterへ再度ログインしてお試しください。
  • 賞品の発送は2020年5月下旬を予定していますが、状況により変更になる可能性がございます(※)。また、発送先は日本国内に限ります。
  • Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
  • ダイレクトメールを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
  • 当選連絡のダイレクトメッセージ記載の配送先入力締切日までに入力がない場合、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
  • 当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
  • ご当選後の賞品の変更や返品には応じかねます。
  • 当キャンペーンは、株式会社KADOKAWA Game Linkage(以下、弊社と言います)が主催しています。TwitterおよびTwitter社とは関係ありません。
  • Twitterおよび関連ツールの動作等の不測の障害により、当キャンペーンを予告なく変更・中止させていただく場合もがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
  • ご応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。
  • ご応募に際しお客様に生じた損害等につきましては、弊社に故意・重過失のある場合を除き、弊社は一切賠償の責を負わないものとします。
  • ファミ通.com公式アカウント(@famitsu)では、ツイート・DMでの問い合わせには対応できません。ご不明な点につきましては、下記のサポート窓口までお問い合わせください。

※現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、当社各媒体で実施しておりますプレゼントキャンペーンの賞品配送に遅れが発生しております。今後の社会情勢の変化によっては、発送に遅延が発生する可能性もございます。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。できるだけ早く賞品をお届けできるよう努めてまいりますので、ご理解いただきますよう、何卒お願い申し上げます。

お問い合わせ

KADOKAWA Game Linkage カスタマーサポート お問い合わせフォーム

※お問い合わせの際には、必ずプレゼント企画名をご明記ください。
※サポートは日本国内に限らせていただきます。