価格はXbox Game Pass Ultimateが月額1100円[税込]

 日本のXboxファンに朗報が飛び込んできた! Xbox Game Passが、2020年4月14日より日本でもサービス開始されるというのだ。ご存じの通り、Xbox Game Passは、毎月定額を支払うことで、100タイトル以上のタイトルが遊び放題となるサブスクリプションサービス。2017年6月に海外でローンチされて以降、爆発的な人気を博しており、日本でも「いつ開始されるのか?」と待望されていたサービスだ。

 そんなXbox Game Passが日本でも開始されるということで、マイクロソフト ヘッド フィル・スペンサー氏がビデオメッセージを寄せてくれているので、まずはそちらからご覧いただこう。「根気よくお待ちいただいて感謝しています。やっとここまでたどり着けました。多様ですばらしいXbox Game Passを通して、日本のファンに楽しんでいただけることに大きな喜びを感じてます」に始まるコメントは、日本のゲームファンと、ゲームクリエイターを大切にしてくれているフィルらしいメッセージだ。

 今回、4月14日よりサービスが開始されるのは、Xboxユーザーに向けたXbox Game Pass for Consoleと、PCユーザー向けのXbox Game Pass for PC(ベータ版)、そしてPC、Xboxに加えて、XboxのオンラインサービスXbox Live Goldも合わせたXbox Game Pass Ultimateの3種類で、提供プランは以下となる。海外におけるXbox Game Pass Ultimateの価格が14.99ドル(約1630円)、Xbox Game Pass for ConsoleとXbox Game Pass for PCの価格が、それぞれ9.99ドル(約1087円)であることを考えると、相当思い切った戦略価格だと言えるだろう。

Xbox Game Pass 提供プラン価格(1ヵ月)

Xbox Game Pass Ultimate (PC、Xboxに加えてXbox Live Gold) 1100円[税込]
Xbox Game Pass for Console (Xbox向け) 850円[税込]
Xbox Game Pass for PC (Beta) (PC 向け、ベータ版) 425円[税込]

※Xbox Game Pass for PC (Beta) とXbox Game Pass Ultimateに新規登録されたメンバーは、登録初月を100 円で利用できる。さらに、Xbox Game Passメンバーは、特典としてゲーム購入時に最大20%の割引や、すでに購入済みのタイトルの追加コンテンツ購入時に最大10%の割引を受けることができる。

日本のクリエイターのタイトルを含む100タイトル以上が遊べる

 気になる対応対応タイトルに関しては、「発売時に見逃したタイトルやそもそも知らなかったタイトルなどに加えて、世界的に有名なゲームも遊べます」とフィル・スペンサー氏がコメントする通りバラエティー豊か。さらには、「個人的にとくに喜ばしいのは、日本のパブリッシャーがXbox Game Passに大型タイトルを意欲的に参加させてくれたことです」(フィル氏)と、うれしさを率直に口にしている。Xbox Game Passのサービス開始にともない、提供されるタイトルの一部は以下の通りだ。

 なお、今後ファーストパーティーであるXbox Game Studiosタイトルは、発売日からXbox Game Passでプレイ可能になるとのこと。2020年にリリースされる『Gears Tactics』や『Microsoft Flight Simulator』は Xbox Game Pass for PC (Beta) で、5月26日発売の『Minecraft Dungeons』は Xbox Game Pass for ConsoleとXbox Game Pass for PC (Beta) の両方で発売日にプレイできるという。また、“『Halo Infinite』はXbox Series Xと合わせてホリデーシーズンに登場予定”とのことで、次世代機にとっても、いかにXbox Game Passが戦略上で重要なカギを握っているかがうかがえる。Xbox Game Passのこの時期での国内サービスインは、Xbox Series Xの普及にとって、大きな後押しとなりそうだ。

Xbox Game Pass提供タイトル(一部)

●Xbox の人気タイトル作
Halo』シリーズ、『Gears』シリーズ、『Minecraft』や『Ori』シリーズなどを網羅。
●日本のクリエイターたちの名作タイトル
デビル メイ クライ 5』 (Xbox Game Pass for Console)
NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』(Xbox Game Pass for Console)
鉄拳7』(Xbox Game Pass for Console)
Yakuza 0』(Xbox Game Pass for Console、Xbox Game Pass for PC (Beta))
デッドライジング4』(Xbox Game Pass for Console、Xbox Game Pass for PC (Beta))
●海外の大型タイトル
NBA 2K20』 (Xbox Game Pass for Console)
ウィッチャー3 ワイルドハント』 (Xbox Game Pass for Console)
Dishonored 2』 (Xbox Game Pass for Console)
DOOM』(Xbox Game Pass for Console)
シャドウ・オブ・ウォー』(Xbox Game Pass for Console)
アウター・ワールド』(Xbox Game Pass for Console、Xbox Game Pass for PC (Beta))
●世界中のインディータイトル
Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜』 (Xbox Game Pass for Console)
ロケットリーグ』(Xbox Game Pass for Console)
Hollow Knight(ホロウナイト)』(Xbox Game Pass for Console、Xbox Game Pass for PC (Beta))
ARK: Survival Evolved』(Xbox Game Pass for Console、Xbox Game Pass for PC (Beta))
●なつかしの名作タイトル
バンジョーとカズーイ』(Xbox Game Pass for Console)
NINJA GAIDEN 2』(Xbox Game Pass for Console)
パンツァードラグーン オルタ』(Xbox Game Pass for Console)
メタルスラッグX』(Xbox Game Pass for Console、 Xbox Game Pass for PC (Beta))
アルバスティア戦記』(Xbox Game Pass for Console、Xbox Game Pass for PC (Beta))

Xbox Game Pass for PCがバンドルされたゲーミングPCも

 なお、デバイスパートナーであるPC メーカーからは、Xbox Game Pass for PCがバンドルされたゲーミングPCが今後発売される予定とのこと。協力デバイスパートナーは以下の通り。詳細は追って各社からのアナウンスがあるようだ。

  • ASUS JAPAN
  • エムエスアイコンピュータージャパン
  • サードウェーブ
  • 富士通クライアントコンピューティング
  • マウスコンピューター
  • レノボ・ジャパン

Xbox Game Passは進化する

 さて、Xbox Game Passの日本サービスインに先駆けて、取材陣にはマイクロソフト Gaming Services Marketing ヘッド ベン・デッカー氏によるブリーフィングが行われたのだが、そこではXbox Game Passにまつわる興味深い数字を聞くことができた。

 「私自身もゲーマーなので、新しいすぐれたゲームを発見するわくわく感はよくわかっています」と前置きしたデッカー氏は、うれしいことに、Xbox Game Passに加入したユーザーは、加入する前に比べて40%もたくさんのゲームで遊び、Xbox Game Passのメンバーになってから、それまでよりも3割幅広いジャンルに取り組んでいるという。また、Xbox Game Passを利用しているグローバルメンバーの9割以上が、Xbox Game Passに入ったことによって、“いままでだったらプレイしなかったであろうゲームを、Xbox Game Passでプレイした”と答えているという。

 この数字からもたらされる結論は明確で、Xbox Game Passにより、ユーザーはより幅広いゲームに接する機会を持つということだ。これこそが、サブスクリプションサービスの最大のメリットと言えるだろう。

 そして、デッカー氏からは注目すべき発言も聞かれた。Xboxはユーザーのフィードバックを受けて、つねに改良してきたが、Xbox Game Passもしかりで、各国のメンバーの声を聞きながら、Xbox Game Passのサービスの改善をつねに続けていくというのだ。2019年5月に発表されたXbox Game Pass for PCもそのひとつで、これはPCゲーマーの要望を受けて実現したもの。さらに、2019年6月のE3で発表されたXbox Game Pass Ultimateは、“すべてのXboxのサービスを、ひとつのサブスクリプションでプレイしたい”というユーザーの声に応えてのものだ。ちなみに、ユーザーからの意見でいちばん多いのが、“質の高い幅広いゲームを揃えてほしい”というもののようだが、これは着実に実現していっているのは、前掲のタイトルラインアップをご覧いただければわかるとおり。

 というわけで、“進化”がテーマとして掲げられたXbox Game Passだが、デッカー氏は「今回ローンチするサービスは、第1歩にしか過ぎません」と明言する。「さらに日本の皆さんにとって価値のあるサービスへと進化させていきます」というのだ。そこで、進化ということでふと思い浮かんだモバイル版への対応について聞いてみると、さすがにガードは固く、「いま現在そういうサービスの提供のありかたでアナウンスできることはありません」とのお返事ながら、「申し上げられることは、つねにオープンにユーザーさんやクリエイターさんの意見に耳を傾けている」ということだという。

 デッカー氏いわく、「日本のユーザーの皆さんにXbox Game Passを提供できることをうれしく思います。ぜひ試してみてください。サービスを改善するために、皆さんの意見を積極的に聞きたいです!」とのことなので、まずは気軽に試してみるのがいいかも。