任天堂は2020年4月2日、Nintendo Switchソフト『あつまれ どうぶつの森』について、更新データVer.1.1.2の配信を開始したことを公式サイトなどで発表した。

 なお、更新データはVer. 1.1.1以前とはローカル通信の互換性がなく、一緒に遊ぶプレイヤーと更新データのバージョンを揃える必要があるので注意しよう。ソフトの更新方法については任天堂サイトのサポートページを確認してほしい。

 更新データVer.1.1.2の内容は以下の通り。

(1)特定の条件下で、よその島から引越しの勧誘をしたどうぶつが引越してこず、移住予定の空き地が成約済のまま残り続ける不具合を修正

【該当の不具合が発生しているセーブデータでの対応】

 更新したあとは、成約済になっていた土地が未成約に戻り、新たなどうぶつを移住させることが可能な状態に戻る。

※不具合発生時に移住予定だったどうぶつは、元の島に戻らず、今回の移住予定もなくなる。

(2)特定の条件下で、島民代表に対して、たぬきちが新しい移住者用に建設用地を確保するお願いをしてこなくなる不具合を修正

【該当の不具合が発生しているセーブデータでの対応】

 更新したあと、島が一定の状態まで発展していれば(タヌキ商店が工事中または完成していれば)、次回以降の島民代表のプレイで、島内放送中に特定のイベントが発生し、ストーリーが進行するようになる。

(3)特定の条件下でユーザーを削除すると、以降、自宅や施設の移設申込ができなくなる不具合を修正

【該当の不具合が発生しているセーブデータでの対応】

 更新したあとは、再度移設の申込が可能となる。

(4)“マイルりょこうけん”で出かけるツアーの離島で、ロドリーからアイテムを購入した際に、マイルと一緒に所持金も減る不具合を修正

(5)その他、いくつかの不具合を修正

『あつまれ どうぶつの森』パッケージ版の購入はこちら(Amazon.co.jp)『あつまれ どうぶつの森』ダウンロード版の購入はこちら(Amazon.co.jp)