Pearl Abyss Corp.は、本日2020年3月30日、オンラインRPG『黒い砂漠』のプレイステーション4、Xbox One版にて、クロスプレイ実装アップデートを実施して以降、復帰ユーザーと新規ユーザーが大幅に増加していることを明らかにした。それにあわせて同時接続者数の増加率も126%を記録した。

以下、リリースを引用

『Pearl Abyss』コンソール版「黒い砂漠」復帰ユーザーが大幅増加!

 韓国 Pearl Abyss Corp.(本社:大韓民国安養市)は、オンラインRPG『黒い砂漠』PlayStation4(以下、PS4)版およびXbox One版において、クロスプレイ実装アップデートを実施して以降、復帰ユーザーが350%、新規ユーザーが250%、同時接続者数が126%増加してことを明らかにしました。

クロスプレイ実装以降も、安定的なサービスをお届けします。

 クロスプレイサポートを実装以後、プラットホームに関係なく、一緒に集まって楽しむことができるようになりました。当社は今後も、黒い砂漠のコンソール利用者が集まることに備え、攻城戦と狩場を素早く改編するなど最適化作業を進めております。現在は、サーバー中断なく可能なパッチはすぐに適用し、快適なプレイ環境を提供しています。

 また、独自のストリーミングやオンラインユーザー懇談会、コミュニティの運営などを通じて、黒い砂漠のコンソールユーザーらとコミュニケーションも積極的におこなっております。 利用者の意見を聞き、希望するコンテンツへのアップデートを優先的に考慮していく予定です。