これでもうボスにやられない!

 2020年3月12日に発売された、骨太アクションゲーム『仁王2』。本記事では、公開可能範囲である第1章(覚醒編)に登場するボスを攻略していく。下記の攻略動画もあるので、ぜひチェックしてみてほしい。

『仁王2』パッケージ版の購入はこちら(Amazon.co.jp)

ボス戦に役立つテクニック

 まずはボス戦の基本を解説。ボス戦は通常時の戦闘以上に気を付けるべきポイントが多い。なお、武将がボスの場合もあるが、今回は基本的に大型の妖怪ボスについて解説する。

ボス戦の基本戦術

 ボスは、攻撃を加えても基本的に怯むことがないので、攻撃の隙をチクチク突いていくことになる。妖力をゼロにすれば、一定時間怯むようになるのでチャンスタイム。その後、ボスのほとんどが常闇空間を作り出したのち、妖力が回復する。

 基本的には、妖力がゼロになった瞬間にダメージを稼ぐ、というのをくり返していくことになる。

大技にはカウンターを

 ボスは大技をいくつか持っており、通常の敵よりも使う頻度が高い。当たれば大ダメージは免れないが、そのぶん特技でのカウンターも狙いやすいというわけだ。基本的には隙を見ては攻撃をしつつ、大技を待ち構えながら戦おう

ステージギミックを活用しよう

 ボス戦のエリアには、何かしらのギミックや障害物が用意されていることがある。そのときは、ギミックや地形を活用することで攻略しやすくなっているので、どんどん使っていこう。

妖怪化は組み討ち時がオススメ

 プレイヤーの切り札である妖怪化は、ボス戦でいつ発動するのか悩みがちなところ。オススメは、常闇状態で妖力をゼロにした際などの、組み討ちが可能となったタイミングだ。妖怪化状態での強力な組み討ちができるので、大ダメージを与えられる。組み討ち後はそのままラッシュを決めたり、妖怪化を解除してアムリタゲージを温存するのもいいだろう。

ボス 馬頭鬼

 メインミッション“桜渦の村”にて、プレイヤーが最初に戦うことになるボス。大振りな攻撃が多く回避しやすいが、食らえば大ダメージ、ガードすると気力切れを起こしやすいので、基本的には回避に専念しよう。見切りにくい投げ技を持っているので、つねに近距離で立ち回るのは危険。中距離~遠距離で戦うのがオススメだ。攻撃チャンスは、大技を特技でカウンターしたあとか、左右に切り払う攻撃を回避してから。

 ステージ中央にはアムリタの岩石があり、馬頭鬼の攻撃により破壊されると、アムリタゲージがフルに溜まる。必ず1回は妖怪化できるというわけだ。もしアムリタゲージが最大に溜まっていたら、バトル開始直後すぐに妖怪化し、バトル中に2回目の妖怪化を狙おう。

馬頭鬼へのカウンター

 大技は鉈の振り下ろし攻撃、角を使った突進攻撃、連続攻撃からの鉈の叩き付け、全身しながらの連続振り下ろし攻撃など多種多彩。

 猛の場合は、攻撃が来る前に当てる必要があるので、馬頭鬼が近くに居ないとカウンターがほぼ狙えない。ただし、連続振り下ろし攻撃の場合は1段目をガードしてから特技をくり出すことでカウンターが取れる。また、突進や振り下ろし攻撃に合わせて出せば、一応相打ちになるので、体力に余裕があるならば狙おう。

 迅の場合は、鉈や突進に合わせて突撃すればオーケー。比較的カウンターが取りやすい。

 幻の場合は、攻撃がくる瞬間に発動すればカウンターになる。こちらもカウンターが取りやすい。

ボス 牛頭鬼

 サブミッション“声、黄昏に響きて”のボス。“桜渦の村”の冒頭に登場した妖怪のボス版だ。ボスということで、妖力が切れると常闇状態を作り出してくる。基本戦術はほぼ馬頭鬼と変わらないので、馬頭鬼の解説と同じように立ち回ればいい。

 特筆すべきは、牛頭鬼のほうが突進攻撃が強力になっていること。その代わり、壁やお墓、木などに突進すると、体勢を崩して隙が生まれる。突進の構えを取ったら、何かしらのオブジェクトを背後にし、回避して隙を作り出そう。

ボス 煙々羅

 基本攻撃はパンチやキック、ボディプレスといった打撃と、地形の爆破攻撃、竜巻による遠距離攻撃など。パンチ→キック→パンチ→キックの連携終わりや、キック→キックの連携、ボディプレスの終わり際など、基本は打撃攻撃を避けてから攻撃するとダメージを与えやすい。爆破攻撃は煙々羅から離れれば回避可能。竜巻を飛ばす攻撃は横に避けてしまおう。

 ステージには柱があり、攻撃するか煙々羅の攻撃により破壊可能。壊れると天井から水が落ちてきて、煙々羅の妖力に大ダメージを与えられる。柱は3つしかないので、ここぞというときに壊したい。といっても、煙々羅が勝手に壊してしまう場合もある。

 ということで、煙々羅は水属性が弱点。水属性の陰陽術を活用するのも有効だ。

煙々羅へのカウンター

 煙々羅の大技は、自分が竜巻になり突進してくる攻撃と、近距離での投げ技の2種類。地面の爆破攻撃があるので中距離戦になりやすい煙々羅は、基本的に竜巻突進へのカウンターがメインとなる。

 猛の場合は、竜巻になる前に潰せるのが利点。竜巻になってから発動された場合は、突進に置いておくように特技を発動すると、ノーダメージでカウンターできる。タイミングを間違うと、相打ちになる。

 迅の場合は、竜巻に突撃するだけでいいのでかなりカンタンだ。

 幻の場合は、竜巻を引き付けてから特技を発動しよう。早すぎるとガードとなってしまう。

ボス 夜刀神

 大蛇のような妖怪。夜刀神と戦う前に、まずステージに3つ配置されている、蝮の像を破壊しておこう。そうしないと、夜刀神とのバトルエリアに毒沼が出現してしまい、思うように立ち回れなくなる。事前に必ず壊しておくように。

 夜刀神の攻撃は遠距離攻撃から打撃、投げなど多彩だが、どれも隙は大きいので攻撃チャンスは多い。とくに地面に蛇を突き刺す攻撃は攻撃しやすいので、このタイミングで攻撃すると安全だ。弱点の光っている頭も、このタイミングで斬り付けられる。ただし欲張って近くにいすぎると、投げ技が飛んでくるので注意。

 また、夜刀神の左右には蛇が生えている。この蛇は常闇状態になると独立して動き、毒を吐いて攻撃してくる。ただし切断が可能で、常闇状態になる前に切断しておくと独立しなくなる。さらに、切断すると体力、妖力に大ダメージを与えられる。積極的に切断しよう。

夜刀神へのカウンター

 夜刀神の大技は、ゆっくり突進してくる技と、近距離で頭を振り下ろす打撃技の2種類。頭の振り下ろし攻撃はカンタンに対処できるが、ゆっくりと突進してくる技へのカウンターにはコツがいる。基本的に突進中はカウンターを受け付けていないからだ(猛ならば成功する場合もある)。

 突進の出始めに特技を当てるとカウンターになりやすいので、中距離の場合は赤く光ったら前進して近づいてから特技を出そう。

 突進は1度だけではなく、2度目を続けて出す場合がある。遠距離の場合は、走って1度目の突進を回避してから、2度目の突進へ特技を出すと、カウンターを狙いやすいのでオススメだ。