サンソフト プロジェクト・インディは、リフォームシミュレーションゲーム『House Flipper』を日本向けにローカライズし、プレイステーション4用ソフトとして2020年2月27日(木)より発売開始した。

以下、リリースを引用

リフォーム、始めました♪ 汚家(おうち)リフォームシミュレーションPlayStation4向けゲーム「House Flipper」 発売

PCで大人気のリフォームお掃除ゲームがPS4に登場!

 サン電子株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:木村好己、ジャスダック:6736)サンソフト プロジェクト・インディでは、汚家(おうち)リフォームシミュレーションゲーム「House Flipper」を日本向けにローカライズし、PlayStation4向けとして2020年2月27日(木)より販売を開始いたします。

「House Flipper」【ゲーム紹介】

 『House Flipper』は、2018年にPC向けに発売された、ポーランドの開発会社Frozen District社によるリフォームを題材としたシミュレーションゲームです。PCゲームプラットフォームのSteamでは全世界で100万以上ダウンロードされています。サンソフトで日本市場に向けたローカライズを行いPlayStation4ソフトとして販売することになりました。

 荒廃した家を、リフォームや掃除で綺麗にして販売するという、一風変わったシミュレーションゲームです。プレイヤーは駆け出しのリフォーム屋さんとなり、掃除やリフォームの受注を繰り返し、家を購入できるだけの資金を得て、一流のリフォーム屋さんを目指してゆきます。

ゲーム画面

 すさまじい汚部屋! 掃除をして、リフォームをして、綺麗な家に変身させます。

 心を込めた掃除とリフォームで、とても素敵な家になりました。

 プレイヤー次第で家は千差万別に!

「House Flipper」の特徴

  • 非常に自由度の高いリフォームを楽しむことができます。壁や床を好きな色や模様に変えたり、家具を数百種類の中から選べたり、壁を壊して作って間取りを変えたりと、まさに思いのままです。
  • ゴミをどんどん捨てたり、汚れをするする落としたりと、掃除するだけでも時を忘れて夢中になるほどの抜群の爽快感があります。
  • リフォームや掃除の内容が指定されている「依頼」も歯ごたえがある内容となっており、単なるクラフトゲームが苦手な方にも楽しんでいただける設計になっております。
  • PlayStation4版リリースに伴い、コントローラーの操作感を改良し、操作のヘルプを増やし、操作性の向上を行いました。
  • 日本語は小さな文字が見えにくいため、視認性の良いフォントを採用するなど改善も行っています。

 インテリアデザイナー魂を呼び覚ます汚家リフォームシミュレーション「House Flipper」を是非お楽しみ下さい。

「House Flipper」の概要

  • 名称:House Flipper
  • 販売開始日:2020年2月27日予定
  • 販売料金:2,709円(税抜価格)
  • 販売形態:PlayStation4向け ダウンロード専用
  • 『House Flipper』公式サイト
  • PS Store

『House Flipper』公式ムービー