アニプレックスは、2019年12月20日(金)~2020年4月5日(日)にソニーミュージック六本木ミュージアムで開催中のTYPE-MOONと『Fate/stay night』の歩みと世界観が体感できる展覧会“TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡-”について、来場者数が30000人を突破したことを明らかにした。加えて、1月23日から始まる第2期の展示変更内容についても発表した。

 本展覧会ではTYPE-MOONの歩んできた軌跡、『Fate/stay night』が生み出してきた奇跡が集結。“Fate”(12月20日~2020年1月20日)、“Unlimited Blade Works”(2020年1月23日~2月24日)、“Heaven’s Feel”(2020年2月27日~4月5日)の3期に分け、それぞれのストーリーに合わせた展示替えによって、これまでの歩みや世界観が体感できる。

 これまで世に送り出されてきたアニメやゲームといった作品を、展示や年表、映像によって振り返るとともに、制作の過程や、シリーズ作品を展示。さらには「Fate/stay night」の展開を紹介すべく、特殊展示として作品世界の都市・冬木市をジオラマ化し、プロジェクションマッピングを投影することで作品の世界観を映像で再現している。

第2期“Unlimited Blade Works”で変更される展示内容を紹介

 1月23日~2月24日に開催される第2期“Unlimited Blade Works”では、以下の展示が変更される。

  • 03:OPENING THEATER… 上映映像の一部変更
  • 04:HEROINE AREA… 生原画展示の変更
  • 05:Kinoko Nasu’s WORK SPACE… プロット資料の一部変更
  • 06:TYPE-MOON MEMBERS… 武内崇資料展示の全変更、スタッフコメントなどの一部変更など
  • 08:FRAGMENTS… パネル展示の一部変更
  • 09:EMSEMBLE… OPアニメーション制作資料展示の変更
  • 10:MATERIAL… 「Fate/hollow ataraxia」制作資料の一部変更、テレホンカード展示エリアの展示物変更
  • 11:TYPE-MOON ART GALLERY… 全展示イラストの変更
  • 12:ROUTE… シナリオルートの変更、 アニメ制作資料展示の変更
  • 13:FUYUKI REVIVAL… プロジェクションマッピング映像の変更
  • 15:PHANTASM… 寄稿色紙展示の全変更

 各エリアの詳しい内容は以下を確認してほしい。

来場者ノベルティも“Unlimited Blade Works”仕様に内容を一新

 来場者にプレゼントされるノベルティはメモリアルチケット・小冊子2種となっており、内容は会期ごとに一新される。

 メモリアルチケットは“Unlimited Blade Works”ルートのヒロイン・遠坂凛のデザインへ変更され、2種ある小冊子の内の1種“ガイドブック”は遠坂凛役 植田佳奈さんのインタビューの掲載やART GALLERYのイラストが会期用のものに変更される。

 もう1種の小冊子は12月25日に発売された画集『Return to Avalon -武内崇 Fate ART WORKS-』に掲載されたイラストの中から、武内崇さんが選出したイラストの線画と、そのイラストへの武内崇さん本人からのコメントを掲載したアートブックとなる。

貴重なノベルティが入手できる 第1期“Fate”の開催期間も残りわずか

 第1期Fateで来場した人に配布されている小冊子"Fate/unpublished material”は、2006年の『Fate/stay night』のテレビアニメとその放送後の劇場アニメの製作に向けて、奈須きのこさんが執筆した新たなヒロインやいくつもの新要素を入れた、いわば第4のルートとも言える企画資料を掲載している。

 アニメがゲーム版準拠での製作となり、お蔵入りとなっていた企画資料を、15周年を記念して当時制作された貴重な資料に一部加筆修正が行われ、そのすべてが掲載されている。