2019年12月18日、カプコンは公式配信番組“カプコンTV”の中で、2020年4月3日発売予定の『バイオハザード RE:3』と『バイオハザード レジスタンス』の最新情報を発表した。

 『バイオハザード RE:3』は、カプコンが1999年9月に発売したプレイステーション用ソフト『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイク作。プレイステーション4、Xbox One、 PC(Steam)で2020年4月3日に発売される。18才以上のみ対象の『バイオハザード RE:3 Z Version』も同日発売予定。

 番組には、本作のプロデューサーを務める川田将央氏が登場。『バイオハザード RE:3』、『バイオハザード レジスタンス』について紹介した。

 事前にTwitterで“『バイオハザード RE:3』について聞きたいこと”を募集したところ、もっとも多かった答えは“ストーリーについて”。

 川田プロデューサーは「なかなか答えづらい質問ではあるのだが……」と口ごもりつつ、「『RE2』は忠実なリメイクを目指して作られていたと思うが、『RE3』はアレンジを含める方向に作っている」と発言し、コントローラーを持つふりをしながら「あれ、高難度? と感じるかもしれない」と続けた。

 さらに、登場キャラクターについて「皆さん、思い入れのあるキャラクターもいると思うが、出していこうと考えています。スタッフ人気の高いダリオ・ロッソは出るよ」と、原作ではラクーンシティで出会う市民について出演を明かした。

 そのほか、限定版『バイオハザード RE:3 コレクターズ エディション』に同梱されるジルのフィギュアも紹介。こちらは『バイオハザード RE:2』の制作されたレオンと同スケールなので、並べて飾ることもできる。

 さらに、『バイオ』関連のキャンペーンについても紹介。

 『バイオハザード RE:3』を予約すると、シリーズ作品が50パーセントオフになるプレオーダー開始記念セールや、Twitter上で行われている『バイオハザード RE:3』、『バイオハザード RE:2 Best Price』発売記念キャンペーンなどについて説明した。

 とくにTwitterキャンペーンで抽選プレゼントされる“タイプライター型キーボード”は実際の商品も披露。こちらは本キャンペーンのほか、カプコンTVでのキャンペーンもあるので、欲しい人はどちらも参加してみよう。

 ちなみに、明日2019年12月19日発売の週刊ファミ通では、『バイオハザード RE:3』、『バイオハザード レジスタンス』について14ページにわたって特集を掲載している。そちらもぜひチェックを!

※以下の関連記事もチェック!

※画像は配信のスクリーンショットです。