2019年12月13日(金)~15日(日)まで、千葉県の幕張メッセにて開催されている、サイゲームスの人気RPG『グランブルーファンタジー』(以下、『グラブル』)の祭典“グラブルフェス2019”。2019年12月14日に行われたイベント“ぐらぶるTVちゃんねるっ! フェス出張版”の模様をお届けする。

 まずステージに上がったのは、司会進行を務める東山奈央さん(ルリア役)、加藤英美里さん(シェロカルテ役)、小野友樹さん(主人公、ランスロット役など)。続いて、今回のイベントのゲストである、逢坂良太さん、(パーシヴァル役)、杉田智和さん(ドランク役)、伊藤かな恵さん(スツルム役)、稲田徹さん(ファスティバ役)、米澤 円さん(フェリ役)、植田佳奈さん(ユエル役)、立花理香さん(ユイシス役)、今井麻美さん(ヴィーラ役)、白石稔さん(ローアイン役)、川原慶久さん(タイアー役)、が登場。

 総勢13名の声優陣に加え、『グラブル』のディレクターである木村唯人氏とプロデューサーの福原哲也氏も加わり、イベントが始まる。ちなみに、稲田さんは自身が演じるファスティバをイメージしたのか、“愛の戦士”と書かれたTシャツに金髪、角に見立てたふたつのクロワッサンを頭につけており、一際異彩を放っていた。

ないはずの納豆味が生まれた“オリジナルエリクシール作ろう”

最初は、“オリジナルエリクシールを作ろう”のコーナー。事前に用意された果物や野菜、調味料などを自由に使い、オリジナルの飲み物を作る。審査員は、木村氏と福原氏。ふたりが実際に試飲し、どの作品がおいしかったか判断する。チームは、以下の通り。

火属性チーム:小野さん、逢坂さん、植田さん
乙女チーム:稲田さん、立花さん、米澤さん、
スツドラチーム:加藤さん、伊藤さん、杉田さん
ヴィーラチーム:今井さん、白石さん、川原さん

 前半では、火属性チームと乙女チームが先に作成。火属性チームは、いちごやりんごなど果物系をメインに選択。紅茶も入れ、堅実に行くかと思いきや最後に梅干しを選んでいた。乙女チームは、稲田さんが自身の頭につけていたクロワッサンのひとつを投入。バナナやキウイ、ゴーヤなど、無造作に選んでいく。完成した作品を試飲した木村氏は、火属性チームの作品を気に入った様子。乙女チームのクロワッサン入りエリクシールに対し、福原氏は「クロワッサン感はないが、ピーチのような味がしてうまい」と語った。

 続いて、スツドラチームとヴィーラチームの番に。スツドラチームは果物系を中心に選択。あんこに黒酢、きな粉など、味が濃いものも投入した。ヴィーラチームは小松菜やパイナップル、ゴーヤを選ぶなど、乙女チームに負けない無差別ぶりを発揮する。スツドラチームの作品を飲んだ福原氏は「おいしいが、後味のきな粉がきつい」と語った。ヴィーラチームのエリクシールを試飲する場面では、険しい表情をした木村氏が「納豆のような味がする」とコメント。用意された素材のなかに納豆はないはずだが、試しに飲んだ川原さんも「納豆」と言い切った。

 最終的に、木村氏は火属性チーム、福原氏はスツドラチームのエリクシールを選出。火属性チームは80点、スツドラチームは100点の評価となった。ご褒美として、各チームのメンバーひとりにつき10本ずつハンサムゴリラTA(栄養ドリンク)が贈られたほか、『グラブル』のプレイヤー全員に、ふたつのチームの合計点と同じ数のエリクシールハーフがプレゼントされた。

声優陣がさまざまな内容にチャレンジする“イベントヒストリーチャレンジ”

 つぎのコーナーは、“イベントヒストリーチャレンジ”。2018年12月から2019年11月までに開催されたシナリオイベントに関連したチャレンジが出題され、その成績に応じて景品パネルをめくることができる。

 最初のお題は、2018年12月に開催された“Second Advent(セカンドアドベント)”。カシウスが初登場したことでも話題になった。提示されたチャレンジ内容は、目隠しされた挑戦者が「あるもの」を食べ、その正体を当てるというものだ。挑戦者として選ばれたのは、加藤さん、米澤さん、植田さん、今井さん、白石さん、川原さん。ゼタとベアトリクスのコスプレイヤーの方が登場し、用意された「スイカ」を一同に食べさせていく。

 一斉に答える場面では、白石さんがただひとり「りんご」と答えてしまうも、小野さんに聞き直されて「スイカ」と回答。小野さんの思いやりで、最初の問題は無事クリアーとなった。つぎの挑戦者となった、東山さん、逢坂さん、稲田さん、杉田さん、伊藤さん、立花さんは、出てきた「わたあめ」を見事言い当てることができた。その後は、景品パネルをめくり、“銀天の輝き”2個、“SSレア確定ガチャチケット”をゲットした。

 つぎのお題は、2019年1月に開催された“猫島狂詩曲(ミーツェノス・ラプソディ)”。女性キャスト陣が順番に猫を演じ、物語でも登場した“エレフセリア”(加藤さんが声を担当)の鳴き声が何番目であったかを男性陣が当てる。演じる順番を決める番号札を引いていった結果、加藤さんは7番目になった。全員が鳴きまねを終えると、さっそく男性陣は会議に。吟味した結果、6番目と7番目に再演を頼み、後に全員一致で7番を選択。見事正解した。さらに景品パネルをめくり、宝晶石3000個をゲット。

 3つ目のお題は、2019年2月に開催された“000 どうして空は蒼いのかPart.III”。サンダルフォンにまつわる4択クイズに、キャスト陣全員が挑む。問題は「ビィがサンダルフォンを指して呼んだことのない名前は?」というもの。選択肢は、1.ひねだるふぉん、2.酔いだるふぉん、3.華奢だるふぉん、4.サンダル。

 悩む出演者たちだが、シナリオイベント内で「華奢な指だ」と主人公に言っていたのを思い出した加藤さんが、3番目ではないかと提案する。その記憶力に命運を託した結果は、正解。景品パネルをめくり、“エリクシールハーフ”200個を獲得した。

 4つ目のお題は、2019年3月に開催された“ポブさんぽ とりまトッポブで。3rd Anniversary”。作中でローアインが豆菓子を食べる際にしていたやり方を真似し、挑戦者が菓子を上空になげ、口でキャッチする。チャンスは3回で、1回でも成功すればいい。挑戦者となった川原さんは、責任の重さを感じながらも果敢に挑み、1回目は失敗するが、2回目で成功。景品パネルでは“至極の腕輪”1個をゲットした。

 5つ目のお題は、2019年4月に開催された“星の獣のレゾナンス”。キャスト陣全員が参加し、ひとり1回ずつ石を目分量で計測器に載せていき、1556gに近づける。最終的な重さによって景品パネルをめくれる数が変化。ピッタリなら3枚、1801~2000gなら1枚、1555g以下、2001g以上なら0枚となる。小野さんは参加しないが、計測器に表示されている重量を唯一確認することができ、彼のリアクションが重さを推測する材料になる。順番に石を乗せていくキャスト陣だが、後半になると、「足りない」という小野さんの感想を聞いた白石さんが多めに投入。

 最後となった川原さんがもう一度確認してもらうと小野さんは「男を見たい」と語った。まったく足りていないと踏んだ川原さんが、一気に大量の石を入れ、いざ結果発表へ。結果は、1900g。提示されていた1556gからは大きく外れてしまった。小野さん曰く、白石さんが石を入れた時点で、必要な重量まであと300g足りていなかったとのこと。要望通り川原さんは「男を見せた」が、しかし、少し行き過ぎたようだ。とはいえ、最低条件である1801~2000gはクリアーしているので、景品パネルを1枚めくれる。報酬として、“ソウルシード”600個をゲットした。

 最後のお題は、2019年6月に開催された“ノーレイン、ノーレインボー!”。イベントの主役でもあったファスティバを演じた稲田さんが、相談者役の人の悩みにうまく答え、会場から拍手が出ればクリアーとなる。

 相談者役を誰にするか決めあぐねていたところ、稲田さんの「なんでもいい」というコメントに反応した杉田さんが立ち上がる。共演者たちの不安がる声を背に、用意された椅子へ。稲田さんを前にした杉田さんは、いきなり初出演となった『グラブル』のイベントの雰囲気が独特であることに困惑していたことを稲田さんに相談。しかし、杉田さんの顔を見た稲田さんから「微笑んでいるのだからいいこともあったのでは」と言われ、合法的に美人コスプレイヤーを見れたことを引き合いに出し、会場の笑いを誘った。

 話題は変わり、ドランク(杉田さんが声を担当)の相棒、スツルムの話に。ツッコミのたびにスツルムから剣で刺されているドランクだが、たまにシャレにならないほど痛いことがあると告白し、“あれは冗談ではなく本当に怒っているのかもしれない”と心配している様子。稲田さんの観た手では愛情だけでなく、憎悪と殺意も入っているかもしれないということだったが、世界は愛で満ちていて、容赦ないツッコミもその一部であると、すかさずフォローした。

 女性は怒らせてはいけないという結論に至ったところで、ふたりのもとへ伊藤さんが登場(スツルムの声を担当)。『グラブル』ではよく見た、ドランクとスツルムの掛け合いになり、お悩み相談は終了。会場からは万雷の拍手が起こった。チャレンジを成功させたことで、景品パネルも1枚めくれるように。報酬として、“ダマスカス鋼”を1個手に入れた。ここで、イベントヒストリーチャレンジは終了。

 その後は、『グラブル』の新情報の告知へ。今年のクリスマスVer.キャラクターとして、セルエルとナルメアが登場することのほか、リヴァイアサン・マリスHLやジ・オーダー・グランデHLの実装、コスモス武器の最終上限解放など、目玉情報が多く飛び出し、盛況の中、イベントは幕を閉じた。

グラブルフェス2019 Day1生中継