『ラブプラス』シリーズ10周年と、『ラブプラス EVERY』サービス再開を記念して、10年間カノジョたちに命を吹き込み続けてきた3人のキャストへのスペシャルインタビューを実施!

 本記事では、バイト先で出会うお姉さんな年上カノジョ、姉ヶ崎寧々を演じる皆口裕子さんに直撃します。

皆口裕子(みなぐち ゆうこ)

姉ヶ崎寧々役。そのほかの 代表作は、『YAWARA!』の猪熊柔役や『ドラゴンボールZ』のビーデル役など。元気な女の子役はもちろんのこと、やさしく柔らかい声質の年上キャラクターでも人気を博す。

※以下の関連記事もチェック!

“かわいい”が売り切れに!? 魂を込めたアフレコ

――皆口さんは幅広いタイプの女の子の声を担当されていますが、寧々役との出会いはどういう形だったのでしょうか?

皆口ときめきメモリアル Girl's Side 2nd Kiss』の水島密(みずしまひそか)役を担当したときに当時のプロデューサーさんと出会ったのですが、そのときに私の声をすごく気に入ってくださったようなんです。その後、マネージャーさんから「こういうお仕事がきたけどどうする?」と言われて出会ったのが、寧々さん役でした。

――プロデューサーが皆口さんの声に魅了されたんですね。

皆口 そうだとうれしいです。マナカ役の早見沙織ちゃんは当時高校生でしたけど、私はキャラクターと実年齢が離れていますし、もっといい人がいるのではないかと思ったこともありました。それでも、「この役はどうしてもやってほしかった」という風に強くおっしゃっていただけたので、「それでは!」とお受けすることになりました。

――当時は『ラブプラス』が社会現象になるくらい話題となっていましたが、それをご覧になられてどうでしたか?

皆口 ゲーム誌だけでなく、一般週刊誌などでも取り上げられていましたよね。何かの雑誌で、“『ラブプラス』は浮気なのか?”という特集が組まれていて、奥さんが旦那さんのゲームを消したという記事を見ました(笑)。朝起きてプレイすると「おはよう」って言ってくれたり、現実に即したイベントが楽しめたりと、いっしょにいる感覚がすごく味わえるゲームですよね。そういったところがウケたから、これだけ話題になったんじゃないかなと思います。

――“現実感”というか“実在感”みたいなものが特徴的でした。

皆口 それまでは“何人か女の子がいて、最終的に付き合う”というのがゴールじゃないですか。それが『ラブプラス』は付き合うところがスタートだっていうのが新しかったですよね。だからずっと遊べちゃう、ずっとカノジョと会えてるという感じで。

――そのプレイ感覚を築いているもののひとつが膨大なセリフ量でもあって「おはよう」とか、「まだ起きてるの」とか、本体を開けるたびに違うことを言ってくれるという仕掛けもありました。それらをすべて収録されてる訳ですから……。

皆口 24時間対応できるように、いろいろパターンを収録したので、当時の収録は、しばらくはずっと『ラブプラス』漬けでしたね。

――寧々のプロフィールやキャラクターデザインを見て、第一印象はいかがでしたか?

皆口 箕星太朗さんのイラストは柔らかいタッチですごくかわいいと思いました。アニメのようなデフォルメタッチではなく“本当にいそうなリアルなかわいい女の子”だという印象です。

――『ラブプラス』が発売されて、今年で10年になります。

皆口 いちばんは、ここまで続いてすごいなという気持ちです。皆さんに愛していただけたから続いてこられたんだと思います。

――いちばん最初の収録のときのことって、何か覚えていますか?

皆口 もう、とにかく、セリフ量が多くて(笑)。多いときは週2回ほど収録をしたこともありました。最初はイメージをつかむところから入るものですが、プロデューサーさんが明確なビジョンをお持ちだったので、役を作るのはそれほど苦労はしませんでした。ただ、これは私のやりかたもあるのですが、やっぱりすごく集中して一気に何ページぶんか読んで、「○ページの○行目もう一度お願いします」っていうリテイクのときに、「ふぅ……」って一息ついてしまった後、また集中力をそこに持ってというのは、負荷がすごくかかるんですね。「よいしょ」って持ち上げるのが。そういう収録のたいへんさはありました。

――演じるうえで気をつけていることはあるのでしょうか?

皆口 男性にとってはいいけど、女性にとってもいやらしくない、あざとく感じない声色になるよう注意しました。女性のスタッフさんもいたので、彼女たちにも聴いていただいて、かわいらしさを調整させていただきました。そのほかには、どのくらい声を柔らかくするのかや、どのくらい年上っぽさを出すのかも、皆さんと相談しながらやりました。私は、20代後半あたりからはおっとりしたお母さん役をよく受けていましたので、同じようなタイプの寧々さんは演じやすくもありました。

――我々プレイヤーが聴いて、皆口さんの声は寧々にピッタリだなと思うのは、細かな調整もあってのことだったのですね。

皆口 セリフセリフしているよりも、となりに座っていて、“本当に横でしゃべっているような感じ”を出すのには苦労しました。本当にふつうの女の子っていうか、なるべくこう生っぽい感じで演じるということを心掛けていました。

――プレイヤーの操作によって少しだけ性格が変化するようなシステムもありますが、演じ分けには苦労されたのでは?

皆口 そうですね。たとえば、クールな性格のボイスを一気に収録できれば楽だったのですが、そうもいかなくて。同じセリフを性格を変えてつぎつぎと収録するスタイルだったので、気持ちを切り換えるのはたいへんでした。

――過去のインタビューで、皆口さんが「『ラブプラス』の収録では自分の“かわいい”を全部出した」と言っていたのを拝見しました。

皆口 それは本当にそうで、なくしたり捨てたり、とっくの昔に忘れてしまったようなものを、自分のなかのいろいろな場所にある“かわいい”を拾い集めて、出し尽くしましたね(笑)。自分のなかでまだ照れもあったと思うのですが、第1作の収録前半はかなりたいへんでした。収録中、その日のノルマを録り終えて、「まだスタジオが使える時間があるのでもう少し録りますか?」とスタッフさんから言われても、「今日のかわいいはもう売り切れです」と答えたり。毎回ヘトヘトになっていたのを覚えています。ふつうのドラマパートならいけると思うのですが、かわいい寧々さんの甘いセリフは、出せる量が限定されちゃうんです。

――ゲーム中にはまさに甘いセリフがたくさんでてきますけど、中でもとくに照れちゃう、恥ずかしかったセリフというものはありました?

皆口 ほぼほぼ恥ずかしいですよ(笑)。もう本当に……あの帰り掛けのシーンとか。家の前まで送ってもらって……そこでちょっとぐじゅぐじゅするじゃないですか(笑)

――(笑)。デートは終わったんだけど別れがたい、去りがたい、という空気の……。

皆口 「まだいっしょにいたい」と甘えるセリフとか、あの空気感。収録しながらかなり照れていました(笑)。でも、「高校生の初々しいカップルだから、そうだよね」って。デートから帰ってきて、もうちょっといっしょにいたいとかあるよね……とか話していましたね。「沙織ちゃんと桜ちゃんは平気で演じてるの? 照れないの?」ってスタッフさんに聞いたこともあります。でも、そうしたらマネージャーが「沙織ちゃんは高校生なんだよ、高校生がこれをやってるんだよ?」と言ってくれて。自分が高校生ならもっと恥ずかしいと思うし、大人の私はやらなきゃいけないねとかって言って収録した覚えがあります。

――確かに(笑)。そのほかに、とくに印象深いセリフはありますか?

皆口 寧々さんは「ふふっ」というふうに笑うのですが、その笑う演技がセリフ中にたくさん入っていて、そのイメージが強いです。

――口癖なんでしょうか?

皆口 そうですね、一回なんかちょっと「ふふっ」って受けるというか、人の話を聞いてから、みたいな。自分の中で何かを言い出す前も多分脳内で考えてて、思わず「ふふっ」って言って「じつはね」……って入る、それが彼女の特徴というか。スパンとセリフを言うのではなく、笑い声で間を作って柔らかく入るような演技が多かったです。

皆口さんが気になるデートスポットは?

――少しゲームとは離れて、皆口さんご自身が行ってみたいデートスポットなどはありますか?

皆口 寧々ちゃんじゃなくて? そうですねえ……六本木の青山ブックセンターの後が文喫という本屋さんになったの知ってます? 本屋さんなんですけど、入場料支払うんですよ。だけど、中でコーヒーはおかわり自由で、座りごこちのいい椅子も置いてあって、Wi-Fiも飛んでて、置いてある本も読み放題なんですって。何時間いてもいいんですって。

――へえ。

皆口 私も本屋さんに行くとわーって買うタイプなので、そういう風にゆっくり見られるのはちょっといいなと思って。なのでいまは、その本屋さんが気になっていますね。

――ふだんはどういった本を買われるんですか?

皆口 ほとんど小説ですね。あとは写真集みたいなものとか。好きな方のエッセイもときどき買ったりします。20歳くらいから新刊が出たら買ってしまうのは村上春樹さんとか、吉本ばななさんとか江國香織さんとか……。西加奈子さんも好きですし。村上春樹さんの新刊はたまにしか出ないじゃないですか。

――新刊が発売されるたびにニュースになりますね。

皆口 それを買ったら、私は一気に読みたいタイプなので、休みが2~3日続くっていうタイミングまで読まずに待つんです。だから、それまでずっと我慢して、寝かせておいて遠くで見ているんですけど。そう言って、いまも多分20冊くらい積んでる本があって、だからいまは「本屋さんには行ってはいけない」と自分を戒めています(笑)。行ったら絶対欲しくなるじゃないですか?

――わかります(笑)。本と言えば、ゲームの中で寧々さんといっしょに読書をするというイベントがありましたが、『魍魎の匣』って実際に読まれたんですか?

京極夏彦作『魍魎の匣』。『NEW ラブプラス』で、寧々といっしょにペースを合わせて読むというイベントが実装されていた。ゲーム発売の際は、描き下ろしイラストのコラボ表紙も登場した。※現在は販売していません。

皆口 イベント音声の収録前に読みました。全部はさすがに、収録までに時間がなかったんですけど。「寧々ちゃん何を読むんだろう?」って思ったら、『魍魎の匣』かあ~って(笑)。

――驚きのようでもあり、なるほどのようでもあり。

皆口 3人に決まった本が用意されていて、それぞれキャラクターが出ていましたよね。

※ちなみに、リンコは辻村深月作『ぼくのメジャースプーン』、マナカはモンゴメリ作・掛川恭子訳『赤毛のアン』をいっしょに読むことができた。

「この3人は、本当にいるみたい」

――『ラブプラス EVERY』でも新規ボイスを大量に収録されたそうですね。

皆口 久しぶりの収録ではありましたが、長年連れ添っている寧々さんなので、スッと入ることができました。やりづらいということはなくて、「お久しぶりですね」みたいな感じで。

――これほど長年にわたってコンスタントにボイス収録があるのは、皆口さんの経歴から見ても珍しいのではないでしょうか。

皆口 そうですね。今回はスマホゲームでどんどんバージョンアップがあるので、これまで以上に深いおつき合いになりそうです。

――『ラブプラス』ではプレイヤーの名前を呼んでくれることも魅力です。

皆口 今回も、いろいろとニックネームを収録しました。とくに名字が多かったので、これまで名前を呼ばれなかった方も、ピッタリのものがあればうれしいです。

――新規のボイスにはどういったものを収録されたのでしょうか。

皆口 今後追加されると思うのですが、お出かけをするとか、ちょっと長めのイベント用のボイスとか、VR用のセリフなどをたくさん収録しました。VRシーンの収録では、「寧々さんはこの位置でカレシはここだから、もうちょっと小さい声で」とか、距離感とかを気にしながら丁寧に録ったりもして。実際のゲーム画面に合わせて録ったこともありますし、モーションキャプチャーの方がやる演技に合わせて録ったこともあります。あとたとえば階段を上がるというときは呼吸音を足していったりとか、ゲームの収録では珍しいのですが、アニメの収録のようなやりかたで多く収録しましたね。

――VRは実際に試されました?

皆口 やりました! キャラクターがすごく近くにいて腰が抜けそうになりました。「来たぁ! 大きい!!」って。自分の目を覗かれたりすると、ドキッとします。でも、あれは人に見られると恥ずかしいと思うので、ご自宅でおひとりでやったほうがよさそうですね(笑)。

――けっこうドキッとしますよね。

皆口 ドキッとします、なんか。そうそう、VRのシーンはキスの「ちゅっ」ていう音を録るのに、実際に手にやったりして録りましたね。

――VRのシーンなど、『ラブプラス EVERY』は新規ボイスたくさんということで、今後の展開が楽しみです。

皆口 今回もかなりの量を収録しました。私は台本をデータでいただいてPCで下読みをしてから現場に行くのですが、実際に台本を紙で見ると、毎回その厚さに驚きます。クリップがギリギリで止まってるような分厚い台本がドンとブースに置いてあって。

――そのボリュームに期待大ですね。そうして長い付き合いを続けてきた姉ヶ崎寧々というキャラクターは、皆口さんにとってどういう存在ですか?

皆口 とても身近ですね。(実在の)人っぽく思ってるのかもしれないです。キャラクターというよりも、人っぽくて、だから逆に客観的にもなれて、寧々ちゃんって人が居るんですよね、そこに自分が声をあててるんですけど……なんて言ったらいいのかな。なんかもう姉ヶ崎寧々さんって人がいる感じなんですよね、実際に。それで私が“寧々ちゃんの代わりにしゃべってる”という感じですかね。

――いろいろなキャラクターを演じて来られた中でも、そういう風に感じるのはやはり珍しいのですか?

皆口 そうですね、本当にふつうの女の子なので、この3人に関してはどこかで生きてそう、そんな感じです。自分が同化してないので、寧々ちゃんに関しては話すときは自分のことじゃないっていうか……うまく言えないんですけど、不思議ですね。

――皆口さんご自身も寧々さんについて特別に感じられているというのが伝わってきます。では最後に『ラブプラス』プレイヤー、カレシたちへのメッセージをお願いします!

皆口 10年間おつき合いしてくださった方も、10年前はまだプレイできていなかった方も、寧々さんをどうぞ、よろしくお願いいたします。皆さんとまた新しい出会いができることを楽しみにしています。

※以下の関連記事もチェック!