2Kは、本日2019年11月22日、『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』プレイステーション4、Xbox One版を発売したことを発表した。価格は6300円[税抜]。また、ふたつの拡張パック『文明の興亡』と『嵐の訪れ』がセットになった『シヴィライゼーション VI 拡張バンドル』のプレイステーション4、Xbox One、Nintendo Switch対応版も本日配信を開始している。価格は5200円[税抜]で、こちらはダウンロード版のみの販売となる(ゲーム本編とは別売)。

以下、リリースを引用

『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』PlayStation4とXbox One対応版本日発売!拡張バンドルはNintendo Switchにも対応!

 2019年11月22日公開(東京)―本日2Kは、『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』PlayStation4とXbox One対応版が発売されましたことをお知らせいたします。

 本シヴィライゼーションシリーズがこれらのコンソールに登場するのは2008年のシリーズ以降、10年以上ぶりとなります。本日の発売にあたり、追加された内容の一部をご紹介します。

  • PS4とXbox One対応版、ゲーム本編の価格は6300円(税別)です。
  • 2つの拡張パック『文明の興亡』と『嵐の訪れ』が1つのセットになった「『シヴィライゼーション VI』拡張バンドル」のPS4、Xbox One、Nintendo Switch対応版も本日配信開始。価格は5200円(税別・ダウンロード版のみ)、ゲーム本編とは別売となっております。
  • iOS版『嵐の訪れ』は、米ドル価格$29.99で今後発売予定です。(日本円での価格は未定。)
  • 公開に伴うアップデートで、Nintendo Switch版が1つのコンソールを使用して複数人で遊べるモード対応にとなります。(Hot Seat Multiplayer)
  • 本日のPS4版並びにXbox版の発売を受けて、全てのプラットフォームで『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の最新のプレイ体験が可能となりました。例外は、PC専用コンテンツのレッドデス バトルロイヤルモードと、ワールドビルダーです。
  • 今後、Firaxisは全てのプラットフォームで『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の各バージョンをフルラインアップで取りそろえる予定となります。