2019年11月21日、Digital Extremesは、プレイステーション4、Xbox One版『Warframe』において、“古き血統”アップデートを配信した。Nintendo Switch版は近日実装予定だ。 

以下、リリースを引用

Warframeの「古き血統」アップデートにより本日、あなた個人のNemesisである「クバ・リッチ」、そして「Grendel」のWarframeがPlayStation4とXbox Oneに登場。

Nintendo Switchでは近日実装予定「古き血統」アップデートでは「Foundation for Empyrean」が登場。Melee Combat、改造WarframesのEmberとVaubanなどに対する、大掛かりなアップグレードが含まれています。

 カナダのゲーム会社・販売会社であるDigital Extremesが、Warframe「古き血統」アップデートをリリース。

 これは2019年における最大のゲームアップデートとなり、無料でPlayStation4、Xbox Oneに登場。

 Nintendo Switch版は近日実装予定です。このコンソール版の「古き血統」アップデートでは、PC版アップデートの新しいコンテンツがすべて含まれています。

 そのコンテンツには、クバ・リッチ、Grendel Warframeの導入のほか、Melee CombatやクラシックなWarframeへの改造、そしてPC版の登場以来、実施されてきた数多くのゲームプレイ・ホットフィックス(修正)が含まれます。

 コンソール版の「古き血統」アップデートでは、新規とベテランのプレイヤー、両方の熱心なファンのために行った、中核的ゲームプレイ構造とWarframeへの大掛かりなアップグレードが追加されています。

 これは、今後数ヵ月の間に待望される「Empyrean の宇宙」への旅の始まりの土台になるものです。

 PC版「古き血統」アップデートの詳しい情報についてはWarframeの新しい投稿をご覧ください。

「古き血統」アップデートの新たなコンテンツ

  • 「クバ・リッチ」―Origin Systemを駆け巡り、あなた個人のNemesisを捕らえて、隠されたParazonで殺し強力な報酬を得るか、またはそのNemesis を寝返らせて仲間にしよう。
  • 「Grendel Warframe」―この42番目のWarframeは、敵を摂取して吐き戻すという、気分が悪くなるような能力を備えている。Grendelは、単独アイテムまたはバンドルの一部としてゲーム内から無料で入手するか、またはマーケットプレイスで購入するパーツから建造可能。
  • 「Melee Changes」―フェーズ 2―WarframeのMelee Combatは、今回の重要なゲームプレイオーバーホールによりさらに洗練され、深みを増している。数百の武器、リバランスされたプレイデータ、ヘビー攻撃、ジャグリングにリンクしたMelee攻撃、さらに開始、連結、終了するコンボを継ぎ目なく直感的に行う改造型コンボシステムも追加されている。
  • 「Modern Warframe 用に改造された Ember と Vauban」―クラシックWarframeであるEmberとVaubanは、プレイデータを調整し、その中核能力が再考された。より万能で強力となり、現代的Warframeのゲームプレイにさらにふさわしい内容になっている。
  • 「New Collectibles と TennoGen アイテム」―「古き血統」でコレクターは、Titania Deluxe Collectionにおいて多数の新しいコスチューム、コンパニオンなどを入手できる。また、新しい吸血鬼Kavat種族、コミュニティーが作成する4つの新しいTennoGenコスメティックバンドルも手に入れることができる。

 Warframeの新アップデートをPlayStation4、Xbox Oneにてダウンロードしよう。Nintendo Switch版は近日実装予定です。

 Warframeコミュニティーに参加しませんか? まずはforumsに参加して話すことから始めよう。

 ぜひWarframe公式ウェブサイトをチェックしよう。

 開発チームからの最新情報を見逃さないよう、WarframeのTwitch, YouTube, Twitter, Facebook,Instagram.アカウントのフォローもどうぞお忘れなく。