2019年11月15日発売予定のNintendo Switchソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』。同作には、ポケモンが大きくなってパワーアップする“ダイマックス”という要素が存在する。これは、冒険の舞台・ガラル地方の特定の場所でのみ起きる現象。本作で登場するすべてのポケモンに起こりうるもので、これがポケモンバトルのカギを握るのだ。

通常の大きさのピカチュウ
ダイマックスしたピカチュウ

 ちなみにガラル地方では、そんなダイマックスのほかに、ポケモンのすがたまで変化してしまう“キョダイマックス”という現象も発見されている。キョダイマックスできるポケモンの種類は限られており、さらに同じ種類の中でも特定のポケモンにしか起こらない。

 『ポケットモンスター 赤・緑』で初登場し、世界中から愛されているピカチュウも、キョダイマックスする(特別なピカチュウのみ)。“ピカチュウ(キョダイマックスのすがた)”は、以下を見てもらうとわかるが、『ポケットモンスター 赤・緑』で初めて出会ったころを彷彿させるような(筆者の主観である)、ポテっとした愛らしいフォルムのピカチュウだ。そして、めーーーーっちゃデカい!!!!!!

キョダイマックスしたピカチュウ
『ポケットモンスター 赤・緑』のピカチュウ

キョダイマックスしたポケモンはこんなに大きい!

 「大きいのはわかったけど、サイズ感がつかみにくい」という方のために用意したのが、以下のサイズ比較だ。比べてみると……

 左に位置するのが、通常の大きさのピカチュウ。そして、右に見えるのがキョダイマックスしたピカチュウとなる。こちらの対比は実寸ベースでの比率であり、どれだけピカチュウ(キョダイマックスのすがた)が巨大なのかが、ひとめでわかるだろう(倍率で言うと、50倍近く)。

 紹介したキョダイマックスできる特別なピカチュウは、『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』のプレイ記録があるNintendo Switchで、『ポケットモンスター ソード・シールド』を遊ぶと、冒険の途中で仲間にすることができる(『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』のプレイ記録があるNintendo Switchで、『ポケットモンスター ソード・シールド』を遊ぶと、キョダイマックスできる特別なイーブイが手に入る)。

 『ポケットモンスター ソード・シールド』を遊べば、ピカチュウを始めとする、キョダイマックスできるポケモンたちの大きさを、改めて感じられることだろう。さらに、Nintendo Switchでは、携帯モードはもちろん、TVモードでも『ポケットモンスター ソード・シールド』を遊ぶことができる。大きな画面で遊べば、よりポケモンの大きさを実感できることだろう。

 そんな新たな試みがたーっぷりとつまった『ポケットモンスター ソード・シールド』はいよいよ発売間近。

 その前日である2019年11月14日には、本作の発売を記念した特集を掲載する、週刊ファミ通2019年11月28日号(2019年11月14日発売)が発売! 冒険前の準備のおともに、ぜひ読んでみてほしい。

 詳細は週刊ファミ通2019年11月28日号(2019年11月14日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle

『ポケットモンスター ソード・シールド』の情報はこちら