コーラス・ワールドワイドは、PlayStackおよびFinal Boss Games制作の『スーパードッジボールビーツ』について、Nintendo Switch、プレイステーション4版を本日(2019年11月7日)より配信開始した。Xbox One版は11月28日より配信予定。

以下、リリースを引用

リズムゲームとドッジボールが合体! 『スーパードッジボールビーツ』Switch,PS4版 本日11月7日より配信

  • ドッジボールを題材にしたユニークなリズムゲームの登場
  • 3つのリーグを戦い抜きチャンピオンを目指そう
  • Xbox One版は11月28日配信予定

 コーラス・ワールドワイド合同会社(代表:金親 晋太郎)は、英国PlayStackおよびスペインFinal Boss Games制作のリズムゲーム『スーパードッジボールビーツ』のNintendo Switch(以下Switch)およびプレイステーション 4(以下PS4)版を本日11月7日(木)より、eショップおよびPS Storeにて配信を開始しました。価格は1,600円(税込)です。またXbox One版は11月28日よりMicrosoft Storeにて配信予定です。

 『スーパードッジボールビーツ』は、スピーディーな展開と白熱した駆け引きが楽しめるおなじみのスポーツ『ドッジボール』とリズムに合わせてボタンをタップするリズムゲームを融合させた作品です。

 クラスメート3人が、ある人物の誘いによってドッジボールチームを結成。地元のトーナメントで優勝し、やがてナショナルメジャーリーグ優勝までのぼりつめていく過程を描きます。吸血鬼に巨大なタコ型宇宙人、DJロボット、謎の老人3人組・・・ユニークな強豪たちと、銀河最強チームを目指して戦いましょう。

 本作は、日本のマンガを強く意識したアートスタイル、ゲームを盛り上げるBGMと対戦に変化をもたらす多彩なアイテムなど、本作は単純な音楽ゲームの枠にははまらないプレイヤーを魅了する様々な要素を盛り込んでいます。

 ドッジボールのスピーディーな試合展開を連想させるテクノ調のサウンドをベースにした曲は、リズムをとりやすく考えられており、リズムゲームファンの方にも、アクションゲームファンの方にも楽しくプレイいただける内容になっています。

 3つのリーグを勝ち抜き、チャンピオンの座を目指しましょう。任意のチームと曲を選択して対戦できるマルチプレイモード(オフラインのみ)も用意しています。日本発のポップカルチャーを見事に取り込んだスパニッシュ・インディゲームの魅力をお楽しみください。

タイトル概要

  • タイトル名:スーパードッジボールビーツ
  • ジャンル:リズムゲーム
  • 対応プラットフォーム:Nintendo Switch / プレイステーション 4 / Xbox One
  • リリース日:2019年11月7日 / Xbox One版は11月28日予定
  • CERO:A
  • 価格:1,600円(税込)

ECサイト

※ 仕様およびデザインは予告なしに変更される場合があります。
※そのほか、記載されている名称は各社の商標または登録商標です。