2019年10月6日、東京・ベルサール秋葉原で開催された“UBIDAY2019”。ここでは、開発スタッフを迎えて行われた『ウォッチドッグス レギオン』のステージイベントの模様をお届けする。

 ゲストとして登壇したのは、同作のクリエイティブディレクター、クリント・ホッキング氏。まずはあいさつ代わりにgamescomで公開されたトレーラーが流された。

 ご存知の通り、『ウォッチドッグス レギオン』の舞台となるのは、現在より少しだけ未来のロンドン。テクノロジーが進化し、それらが経済に大きな影響を与えている。また、自動車は自動運転で、ドローンが飛び交い、さらにAIの進化により、いまとは違う未来が描かれている。同作の舞台では、AIがはるかに人間を凌駕し、さまざまな仕事を人間に代わって行っているとのこと。貧富の差も激しく、また現状に不満を持つようなら監視の対象となり、ときには存在を消されてしまうことも……。

 プレイヤーの目的は、権利者や日和見主義者により犯罪が横行するようになったロンドンにおいて、仲間を集めてチームを作り、そうした人たちを倒すこととなる。その仲間になる可能性があるのは、ロンドンに住むすべての住民が対象。ゲーム内に登場するそれぞれのキャラクターには、すべてバックストーリーがあり、それがプレイヤーの仲間になるとときに影響する。クリント氏によると、こうした考えは『ウォッチドッグス』の1作目からヒントを得たという。

 『ウォッチドッグス レギオン』では、街を歩いているすべての人のプロフィールを見ることができ、その生活やバックストーリーなどを見て、仲間に入れるかを判断することができる。彼らの中には、敵となる権威主義者に追われている人もいて、彼らを助けることで仲間にする可能性が出てくる。そうして仲間に加えたキャラクターたちには“クラス”を与えることができ、成長させることで“スキル”が鍛えられ、チームの戦力となっていくのだ。

 仲間のクラスには、“ENFORCER”、“INFILTRATOR”、“HACKER”の3つがある。

  • ENFORCER・・武器の使用に長け、戦闘に特化したクラス
  • INFILTRATOR・・ステルス機能に特化したクラス
  • HACKER・・戦闘、ステルス両機能のハイブリッド的なクラス

 クリント氏は「自由度の高いゲームはたくさんありますが、この『ウォッチドッグス レギオン』では、“誰でも”、“どのようにでも”プレイできることを目標にしています」と続けた。誰でも仲間にすることができるということは、仲間にしたキャラクターごとに生活やバックストーリーがあるので、新たな自分だけのストーリーができ上がることになる。

 また、気を付けてほしい点として、仲間にしたキャラクターは逮捕されたり、拉致されたり、ときには死んでしまうことがあり、一度死んでしまうと二度とチームには戻らないと教えてくれた。

 クリント氏は、「いままでのAAAタイトルと同じように、すばらしい体験を提供することを目標としています」と、『ウォッチドッグス レギオン』の目指す方向性を示してくれた。また数々のスクリプト、音声、見た目、背景、ストーリーを詰め込んだので、同じシチュエーションでも、プレイヤーごとに違うカットシーンになるのだそうだ。膨大な組み合わせになることが想像できるが、クリント氏は「簡単です」といたってクール。また、大量のキャラクターパターンを作るにあたっては、ユービーアイソフトの社員をスキャンしたとのこと。それを最新の技術で細かいパーツに分け、再構成することでさまざまなタイプのキャラクターを作ることに成功したそうだ。

 日本のファンに向けてクリント氏は、「皆さんの期待値が上がっているのを感じています。我々の作っている、少し破滅的なロンドンを体験してください」と締めくくってくれた。

 そして、ステージの最後には来場者からの質問に答えてくれた。

Q.タイトルの“LEGION”の“E”だけが変わっているのはなぜ?
A.“3”を表しています。(アジア圏では“三”という文字があるとの意見に)私たちが考え出したものだと思っていました(笑)。

Q.ゲームの舞台を、前2作のアメリカからロンドンに変えたのはなぜ?
A.『ウォッチドッグス』というブランドをもっと大きくするためには、アメリカにこだわる必要はなく、もっと世界にアプローチする必要があります。また世界のいろいろなところで問題が起きているので、そこに焦点を当てるのがおもしろいのではないかと思いました。