スクウェア・エニックスから2020年5月15日に発売予定のプレイステーション4/Xbox One/PC用ソフト『Marvel's Avengers』の新たなプレイアブルキャラクターとして、ミズ・マーベル(本名カマラ・カーン)の参戦が発表された。

 マーベルコミックのスーパーヒーローチーム“アベンジャーズ”の戦いが描かれる本作。冒頭で描かれる大事件“A-Day”のゲームプレイ動画にカマラが一瞬登場していたため、「ミズ・マーベルもプレイアブルキャラなのでは?」といった予測があったが、今回正式発表という形に。しかも、アベンジャーズ再集結(リアッセンブル)の鍵を握る非常に重要な役回りとなりそうだ。

A-Dayの大惨事を発端とする独自のオリジンストーリー

 カマラは本作で独自のオリジンストーリーが語られるキャラクターにもなっており、A-Dayの時点では式典に招待されたスーパーパワーを持たないアベンジャーズファンの少女として登場する。

 しかしA-Day会場はヴィラン(悪役)の“タスクマスター”により襲撃され、さらにアベンジャーズを追い込むための策略で謎の大爆発まで発生。カマラはその大混乱の中で超人遺伝子を発現させるテリジェンミストを吸い込んでしまい、体を変形させる超人能力を得てミズ・マーベルとなるのだという。

 そしてA-Dayの責任を追求されたアベンジャーズが解散してから5年後となる本編では、新たな脅威“AIM”が裏で糸を引いていた手掛かりをカマラが発見。散り散りになったヒーローたちを探し、アベンジャーズ再集結を目指して奮闘することになるようだ。

 今回の発表に合わせて公開された動画では、ブルース・バナー(ハルク)を頼ってトニー・スターク(アイアンマン)の潜伏先に向かい、うだうだと落ち込んでいる元ヒーローふたりを喝破する場面が見られる。

 逆切れして「画期的な証拠もないなら出ていけ!」とまくしたてるトニー・スターク(アイアンマン)にカマラがあっさりと“証拠”を提示するというシーンはほとんどコメディタッチなテンポになっており(最高)、“アベンジャーズ解散”という重々しいトーンにフレッシュな風を吹き込むキャラクターとなりそうだ。

 なおミズ・マーベルのゲームプレイは、「Embiggen!」(でっかくなれ、の意)の掛け声とともに拳をでかくしたり伸ばして戦う、彼女の変形能力を活かした近接攻撃系のキャラクターになる模様だ。

 『Marvel's Avengers』では、シングルプレイの“ヒーロー”ミッションと、最大4人のオンラインCo-op(協力プレイ)にも対応する“ウォーゾーン”ミッションがプレイ可能。プレイアブルなヒーローや新たなエリアなどのコンテンツは、発売後も継続的に追加されていくという。