バンダイナムコエンターテインメントの『テイルズ オブ』シリーズが、全世界累計販売本数2000万本を突破した。本日(2019年5月8日)より、2000万本突破を記念したダウンロード版のセールなども実施される。

 バンダイナムコエンターテインメントは、『テイルズ オブ』シリーズの全世界累計販売本数が2000万本を突破したと発表した。合わせて、本日(2019年5月8日)より、2000万本突破を記念したダウンロード版のセールをスタートした。

以下、リリースを引用

ロールプレイングゲーム『テイルズ オブ』シリーズ 全世界累計販売本数2,000万本を突破!

~近年は海外販売本数の比率が約7割に達する、ワールドワイドで人気のシリーズ~

 株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮河恭夫)が展開している家庭用ゲームソフト『テイルズ オブ』シリーズの累計販売本数(※1)が2,000万本を突破しました。これに伴い本日5月8日から、全世界で2,000万本突破を記念したダウンロード版の期間限定セールを実施、さらなる拡販を図ります。

『テイルズ オブ』シリーズの魅力

 『テイルズ オブ』シリーズは1995年の第1作を皮切りに、これまで100を超える国や地域で販売をしている日本発のロールプレイングゲームです。タイトルごとに込められた強いメッセージ、感情移入できる魅力的なキャラクター、ロールプレイングゲームでありながらも本格的なアクションバトルが、10代から30代の男女を中心とした幅広い層のお客様に20年以上にわたって支持されています。また、家庭用ゲームソフトにとどまらず、スマートフォン向けアプリケーションの配信、舞台やオーケストラの公演、旅行ツアーの実施、グッズ展開など多岐にわたる取り組みを行いファン層を拡大、当社を代表するIP(知的財産)の一つとなっています。

海外に向けたさまざまな取り組みを行い、ワールドワイドでの盛り上がりを実現

 近年では、国内のみならず、海外での販売を大きく伸ばしています。特に2015年以降においては海外販売本数の比率は約7割へと上昇しています。エリアごとの内訳は、「日本を含むアジア」「北中南米」「欧州・豪州」で、1対1対1と、幅広い国や地域のお客様に遊んでいただいています。

 これは、2015年以降に11言語(※2)へのローカライズを実施したこと、パッケージ販売やダウンロード販売に加えてPCゲームプラットフォーム「STEAM」向けにも配信を開始したことで、本シリーズの魅力が国内はもとより海外、特に欧米エリアのお客様に伝わり、ファン層を飛躍的に拡大したことによります。また、2019年1月11日に発売したシリーズ最新作「テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER」ではシリーズで初めて全地域同時発売を実現。ワールドワイド全体での盛り上がりがさらに加速し、今回の2,000万本突破に至りました。

 『テイルズ オブ』シリーズは今後も新作の発表を予定しており、世界市場でのさらなる成長に向けて展開を行っていきます。バンダイナムコエンターテインメントは世界中のお客様が笑顔でいられるような「アソビきれない毎日を。」の実現を目指しています。

※1:ダウンロード版およびPCゲームプラットフォーム「STEAM」からのダウンロードを含む
※2:日本語、英語、ブラジル・ポルトガル語、ニュートラル・スパニッシュ、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、繁体中文、韓国語