アライグマ探偵が主人公のハードボイルドな推理アドベンチャー『Backbone』のPC版デモがSteamで配信開始。

 海外のインディースタジオEggnutが、開発中の推理アドベンチャーゲーム『Backbone』のPC英語版デモをSteamで配信開始した。

 『Backbone』の舞台は、擬人化された動物たちが暮らすディストピアなバンクーバー。主人公はアライグマの私立探偵“ハワード・ロートル”だ(アライグマなのに汚れた皿を「後で洗う」とシンクに放置するハードボイルドぶり)。

 今回のデモはプロローグとなっており、事務所にやってきた夫人から依頼を受けたハワードが、浮気の疑いがある旦那の追跡を開始する所から始まる。

 ドット絵のキャラクターや背景素材と今時のライティングやポストエフェクトを組み合わせた2.5Dのアートスタイルを採用しており、ジャジーなBGMとともに歩くストリートの雰囲気はなかなかよさげな感じだ。

「アライグマの入店はお断りだぜ。けぇんな」どうも人種問題ならぬ種族問題があるらしい。

 なおデモ版は英語のみだが、少なくともSteamで配信予定の製品版では日本語対応も行われる模様。ゲームはPC/Mac/Linuxそしてプレイステーション4/Xbox One/Nintendo Switchで2020年のリリースを目指して開発が行われている。