現在発売中の『アサシン クリード オデッセイ』の追加コンテンツ第2弾“アトランティスの運命”エピソード1“エリュシオンの大地”が2019年4月23日に配信決定。

 ユービーアイソフトは、現在発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC、Nintendo Switch用ソフト『アサシン クリード オデッセイ』について、追加コンテンツ第2弾“アトランティスの運命”エピソード1“エリュシオンの大地”を、2019年4月23日に配信することを発表した。

以下、リリースを引用

『アサシン クリード オデッセイ』追加コンテンツ第2弾「アトランティスの運命」エピソード1を4月23日に配信!

 ユービーアイソフト株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長スティーヴ・ミラー)は、RPGゲーム『アサシン クリード オデッセイ』(以下ACOD)の発売後の追加エピソード第2弾「アトランティスの運命」エピソード1「エリュシオンの大地」を4月23日に配信することを発表いたします。

 この追加コンテンツ第2弾「アトランティスの運命」では、エピソード1「エリュシオンの大地」や今後配信される2つの新たなエピソードを通じて、古代ギリシアの死後の世界を訪れ、神々の謎に触れることになります。

 エピソード1「エリュシオンの大地」では、美しくも神秘的な地を訪れイスの力に立ち向かう一方で、邪悪な秘密を明らかにすることになります。プレイヤーは、異世界と現実の両方の新たな派閥と親しいキャラクターが登場し、新たな伝説の武器と防具を手に入れることが出来ます。
 
 「エリュシオンの大地」では、アビリティの強化が可能になります。これは、既存のアビリティを強化し、プレイスタイルをさらに自分に合ったものにすることができます。アビリティ強化は、ハンター、ウォリアー、アサシンそれぞれに存在し、各エピソードで増加します。エピソード1「エリュシオンの大地」では、アレスの雄牛の突進、アルテミスの力、クロノスの時間の歪み、アレスの激情が使えるようになります。

 追加コンテンツ第1弾「最初の刃の遺産」に続き、「アトランティスの運命」は、神々や神話に登場する獣と直面し、多彩な登場人物と新たな絆を築いていく主人公を見ることが出来ます。4月23日にエピソード1「エリュシオンの大地」が配信された後、エピソード2「ハデスの責め苦」、エピソード3「アトランティスの裁き」を配信し、これら3つのエピソードをもって追加コンテンツ第2弾「アトランティスの運命」は完結します。

 シーズンパス保有者は、追加コンテンツ第1弾「最初の刃の遺産」と第2弾「アトランティスの運命」のどちらもプレイすることが可能で、さらに3月に発売された『アサシン クリードIII リマスター』と『アサシン クリード レディリバティ リマスター』が含まれています。

『アサシン クリード オデッセイ』「アトランティスの運命」トレーラー

 「アトランティスの運命」をプレイする上で2つのオプションが存在します

・メインストーリーに関して、プレイヤーはギリシアの失われし物語の「記憶の継承者」のクエストを完了している必要があります。また、キャラクターレベルが28以上である必要があります。

・いますぐ「アトランティスの運命」をプレイしたいが上記の条件を満たしていない場合に関しては、特別にプレイできるようショートカットが用意されています。このショートカットを使用すると、プレイヤーは必要な要素を満たしレベル52となります。

 このショートカットを使用した場合は、メインゲームにセーブデータが引き継がれません。