Xbox One向けに発売中の『Halo: The Master Chief Collection』のPC版が海外で発表。新コンテンツとして『Halo: Reach』も収録する。

 FPS『Halo』シリーズの初代から『Halo 4』までをリマスターした『Halo: The Master Chief Collection』。Xbox One向けに発売中の本コレクションのPC版が海外で発表された。

 マスターチーフコレクションPC版は2019年にMicrosoft StoreとSteamで配信予定で、新たに『Halo: Reach』も搭載予定。ただしSteamでの製品ページでは日本語対応は記載されていない。

 シリーズの公式ポータルサイトHalo Waypointに掲載された記事によると、収録各タイトルは確実を期して段階的にアップデート配信で追加される予定。現状の計画では『Halo: Reach』から始まり、以降年代順に『Halo: Combat Evolved』、『Halo 2』、『Halo 3』、『Halo 3: ODST』キャンペーン、『Halo 4』という順で揃っていくという。

 またXbox One版マスターチーフコレクションにも『Halo: Reach』が登場予定となっており、Forgeやシアターを含むマルチプレイコンテンツは全所有者に自動で追加される一方、キャンペーンとFirefightについては『Halo 3: ODST』のキャンペーン部分と同様に有料DLCとしての配信になるとのこと。