カプコンのアクションRPG『ドラゴンズドグマ』がNetflixでアニメシリーズ化することが発表された。

 映像ストリーミングサービス大手のNetflix(ネットフリックス)が、新たな日本のアニメスタジオとの包括的業務提携を発表。その中のひとつとして、カプコンのアクションRPG『ドラゴンズドグマ』がアニメシリーズ化されることが判明した。

 Netflixは世界的に自社サービス向けのコンテンツ獲得/製作を進めており、2018年にはProduction I.G(『攻殻機動隊 SAC_2045』、『ヴァンパイヤ・イン・ザ・ガーデン』を製作予定)やボンズ(アメコミ原作の『スーパー・クルックス』を製作予定)との提携が発表。今回の『ドラゴンズドグマ』の発表は、それらに続くものになる。

 『ドラゴンズドグマ』のアニメは、さまざまなアニメ作品の3DCGIパートなどを担当しているサブリメイションが制作予定。なお今回の提携発表では、デイヴィッドプロダクションによる漫画『スプリガン』原作の新作アニメや、アニマによる『オルタード・カーボン』(小説原作で、Netflixドラマにもなっている)のアニメ版なども合わせて発表されている。

 『ドラゴンズドグマ』はオープンワールドのアクションRPG。2012年にプレイステーション3/Xbox 360に発売され、拡張版『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』や派生作品などがさまざまなプラットフォームで展開されてきた。直近では『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』がNintendo Switchで2019年4月25日に発売予定となっている。