かつてメガドライブで出たアクションアドベンチャー『トージャム&アール』のリメイク的作品『ToeJam & Earl: Back in the Groove』が海外で発売開始。実は日本リリース計画も進行中。

 メガドライブから流れるオールドスクールなヒップホップ、ヘンな宇宙人たちが奇妙な“地球生物”(人間たち)に追われるという逆転の発想、そして「なんでそうなっているのか」をゲーム的な常識では説明しがたい独特すぎるシステム。

 1992年にメガドライブで発売された『トージャム&アール』は、そんな濃いアメリカンなファンキーさが強烈な作品だ。知る人ぞ知るカルト作的な存在として、バーチャルコンソールやXbox 360向けにたびたび再リリースされてきた。

 そして昨晩から本日にかけて、海外でそのシリーズ最新作『ToeJam & Earl: Back in the Groove』がプレイステーション4/Xbox One/Nintendo Switch/PC向けに発売された。

 さらに本作、日本リリースに向けてもろもろ調整中。すでに架け橋ゲームズによる日本語ローカライズも進行しており、6月頭に京都で行われるインディーゲームイベントBit Summit近辺で何かできればとのこと。

 あらためて簡単に説明しておくと、『トージャム&アール』はファンキー宇宙人“トージャム”と“アール”たちが宇宙船のパーツを探して自動生成されたマップを冒険していく、一種のアクションアドベンチャーゲーム。

 クラウドファンディングを経て開発された『Toejam & Earl: Back in the Groove』は初代作のリメイク的な内容となっており、自動生成の階層マップをはじめとするシステムやキャラクターなどは基本的にオリジナルを踏襲する。

本誌が入手した、PC版の開発中画面。アール(中央のオレンジ色の宇宙人)を、ストーカー的ファンや芝刈り中のオッサンなど、ミョーな地球生物たちが追ってきている(当たるとダメージを食らったり下の階層に落とされたりする)。
各階層のマップ中に点在する宇宙船のパーツを集めるのがひとまずの目的。取らなくても先に進めちゃうユルい作りなのだが、後で探し回るのがめんどくなるので、当然マップはくまなく探した方がいい。

 アロハ娘に出くわすたびにフラダンスを踊らされたり、腐った食べ物でオゲーと吐くはめになったり、突然よくわからないミニゲームが始まったり、最初のうちはわけわからなくて面食らうことも多いと思う。

 だが、ファンキー宇宙人にとって地球という場所が不可解なのは当然のこと。ユルくてファンキーな世界観をあるがままに受け入れると次第にいい感じにわかってくるだろう。

 ゲームはソロまたは最大4人までのオンライン協力プレイで遊べるほか、画面分割でのローカル協力プレイ(※)にも対応する。(※PC版では4人まで、家庭用ゲーム機版では2人まで)

アロハ娘に近づくと、強制的にフラダンスを踊らされることになる。
レベルアップでなんでキャベツなのか? 難しく考えたら負けだ。
“ヤバヤバファンクゾーン”(“壁”に当たると速度低下されるので、ボタンを押してすり抜けるというゲーム)、音ゲー的ダンスバトルなど、突然始まるミニゲームもいろいろ。
メニュー画面も日本語化済み。ローカルでプレイしたデータから、オンラインプレイヤーが参加できるようにして再開するなんてこともできる。