スクウェア・エニックスより、Tokyo RPG Factory開発による新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』が発表。

 スクウェア・エニックスは本日(2019年2月14日)、任天堂のWebプレゼンテーション番組“Nintendo Direct 2019.2.14”にて、新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』を発表した。Nintendo Switch、プレイステーション4、Steam向けに、2019年夏の発売に向け開発中であるとのこと。

以下、リリースを引用

新作RPG『鬼ノ哭ク邦』発表のお知らせ

 株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐、以下スクウェア・エニックス)は本日、「Nintendo Direct 2019.2.14」にて、新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』を発表いたしました。

 『鬼ノ哭ク邦』は、この世とあの世を行き来し、迷える魂を救う主人公・カガチが紡ぐ“命”の物語と、いわゆる“ジョブ”にあたる「鬼ビ人(オニビト)」をリアルタイムで切り替えながら行う、爽快かつ戦略的なバトルが特徴のアクションRPGです。
Nintendo Switch、PlayStation4、Steamで、2019年夏の発売に向け開発中です。今後の情報にぜひ、ご期待ください。

■『鬼ノ哭ク邦』公式サイト:https://www.jp.square-enix.com/oninaki/

『鬼ノ哭ク邦』1stトレーラー

ものがたり

輪廻転生によって命が繁栄した世界。
人々は授かりし命を謳い、来世への祈りを捧げた。
死に対する悲しみは、生者を縛り、死者をためらわせる。
すなわち、死を悲しむことは、輪廻転生を妨げる禁忌に他ならない。
だから人々は、その悲しみを笑顔に変えて、死者を送る。
しかし、涙を忘れようとした人の心にも、救いが必要だった。
そうして生まれたひとつの役割――
人は彼らを、逝ク人守リ(イクトモリ)と呼んだ。
それは、彷徨える死者の魂「迷イ人(マヨイト)」を救済する、
いわば生者と死者、この世とあの世の調停者の役割を担う存在。
逝ク人守リは、迷イ人の未練を断ち、来世へと送る者。 生者と死者の想いに触れ、命を尊ぶ者。
これは、ひとりの逝ク人守リ、その命の物語――。

主人公・カガチ
輪廻転生の理を体現する若き逝ク人守リ。
人の命を来世につなげることこそが、
自分の使命であると考えている。
謎の少女との出会いによって、血の運命に巻き込まれていく。

商品概要

正式名称:鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)
発売日:2019年夏発売予定
希望小売価格:未定(パッケージ版・ダウンロード版)
対応機種:Nintendo Switch/PlayStation4/Steam
ジャンル:アクションRPG
CERO:審査予定
開発:株式会社Tokyo RPG Factory
公式サイト:https://www.jp.square-enix.com/oninaki/