TOKYO RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』(オニノナククニ)が発表!

“現シ世”と“幽リ世”を行き来して展開される物語

 2019年2月14日、任天堂がWebプレゼンテーション番組“Nintendo Direct 2019.2.14”を放送。その中で、スクウェア・エニックスの新作RPG『鬼ノ哭ク邦』(おにのなくくに)が発表された。2019年夏発売予定。

 本作は、スクウェア・エニックスから生まれたRPG特化の開発スタジオTOKYO RPG Factoryが、『LOST SPHEAR』、『いけにえと雪のセツナ』に続いて送り出す完全新作。生者の世界“現シ世”と、死者の世界“幽リ世”を行き来しながら、“迷イ人”を救済していくという、独特な物語が展開されるようだ。

 なお公式サイトがオープンしており、それによるとジャンルはアクションRPG。Nintendo Switch、プレイステーション4、Steamで発売されるとのこと。