バンダイナムコエンターテインメントより、人気RPG『テイルズ オブ ヴェスペリア』のリマスター作品が2019年1月11日に発売。本作をプレイするうえで役立つ、序盤のコツを紹介!

 バンダイナムコエンターテインメントより、2019年1月11日に発売されたRPG『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』(以下、『TOVR』)。本作は、ストーリーのデキもさることながら、手練れのゲーマーをも魅了する奥深いアクションのバトル、たっぷりと用意されたやり込み要素などで、多くのファンの支持を得た名作のリマスター版だ。

 名作であるだけに、何も知らずにプレイしても正直十分楽しめる。だがしかし! 知っておけばもっと楽しめることだってあるのだ。本記事では、いち早くゲームに慣れるため、また、慣れたころに「序盤からもっと積み重ねておけばよかった……!」と悶絶することがないようにするための、“序盤で知っておきたい/やっておきたいお役立ち情報”を皆さんにお届けしていく。

ダンジョンで出てくる敵は全部倒せ!

 本作では、フィールドやダンジョンに出現する敵の姿が“シンボル”として表示されているため、それらをかわしながら進めばバトルを避けることができる。

 しかし。

 戦闘ランク“ノーマル”でのボス戦は、最短ルートを進んだ際に道中に現れる敵を全部倒して到達するレベルで、ちょうど倒せるようなバランスになっているのだ。とくに、序盤最大の難所として有名な“エフミドの丘”のボス“ガットゥーゾ”などは、ある程度パーティーメンバーを育てていないとアッサリやられてしまう。

 ダンジョンでは目の前の敵を全部倒してから進むくらいにしておけば、ボス戦で手詰まりになりにくくなるため、結果として、道中でバトルを避けるよりも早くクリアーできたりする。なお、フィールドでは無限に敵が湧いてくるため、全部相手にしていたらキリがない。こちらは適度に戦っておくくらいでいいだろう。

基本的にダンジョン内の敵は全部倒していき、それでも敵が強いと感じたら、フィールドで少しレベルアップしてからまたダンジョンに挑むようにすれば、スムーズに進められるはず。

 ちなみに、戦闘ランク“イージー”でプレイするなら、適当に進んでも大丈夫だ!

武器>防具の順でつねに最強のものを買うべし

 新たな街、村に到着してお店に行くと、それまでになかった強いアイテムが売られている。だが、それらを全部買うとけっこうなお値段になるので、手を出していいのか迷ってしまう人もいるだろう。

 とりあえず、武器は全員分揃えておいてムダはない。さらに言うなら、“スキル付き”の武器は優先して買っておきたいところ。モノによってはレベルアップよりも大きな効果があるスキルは、その多くを武器から習得することになる。

 とくに序盤のうちに出てくるスキルは、いずれも覚えておいたほうがいいものばかりなので、スキル付きの武器があれば装備して使い込み、いち早く習得しておくと(実感としては薄いかもしれないが)グッと戦いやすくなるはずだ。

 また、各地の街や村には“測量ギルド 天地の窖”のメンバーがいることがあり、その時点で合成が可能になっているアイテムの情報を教えてくれる。その情報をもとにアイテムを集めて、“幸福の市場”などのお店でスキル付きの武器を合成するのもオススメ。合成の場合、購入より安く済むというメリットもある。

 武器を買って、お金にまだ余裕があるなら防具も買っておくといいだろう。

街や村は隅々までチェック!

 帝都ザーフィアスに始まり、本作ではじつにたくさんの街や村を訪れることになる。

 実際、ストーリーを進めるだけなら、用があるのはお店と宿屋、あとは重要人物がいるところくらい。しかし、街を訪れるたびにあちこち調べたり、人と会話を交わしておくといいことが起こる可能性も……。

料理のレシピを教えてくれる“ワンダーシェフ”が潜んでいることも。このくらいアヤしいオブジェだとすぐわかる。
アップルグミなどアイテムが見付かることもある。序盤では回復アイテムを買い揃えるにもお金が足りないので、なかなかありがたい。何かが見付かるオブジェの前に来ると、“調べる”などの表示が出てくるぞ。

 上のふたつの例のほかにも、サブイベントが発生したり、後々起こるサブイベントのヒントがもらえたりすることもある。こまめに各建物の隅々まで調べたり、住人全員と話をしてみると新たな発見があるかも!

料理は地道な努力が大切です

 シリーズおなじみの“料理”。本作でも、かなり早い段階で解禁される。ただ、序盤のうちは作れる料理がほとんどないうえに、材料も不足しがちということもあって、オリジナル版ではレシピや材料が豊富になる中盤まで、使わない人も多かったかもしれない。

 しかしこの料理、じつはレシピと作るキャラクターによっては、調理をするたびに確率で新たなレシピを覚えることもある。たとえば、最初に覚える“サンドウィッチ”から、エステルがHP&TP5%回復の“おにぎり”を覚え、“おにぎり”からはユーリがHPを20%も回復する“牛丼”を、“牛丼”からはカロルがHP&TP10%回復の“オムライス”を開発できる。序盤では貴重なTP回復手段にもなるのだ。

 同様に序盤では、ボス戦直前には物理攻撃力が上昇する“ハンバーグ”を作っておくと、地味ながらダメージが上がるので戦いやすくなるはず。

まずは戦闘終了時に料理を実行するよう、ショートカットに登録しておくといい。

 材料に関しては、フィールドの敵を倒していると自然に貯まっていたりするので、なくなったらレベル上げも兼ねてフィールドで集めるといいだろう。

序盤でとくにオススメのスキル

 序盤のうちにできるだけ早く覚えておきたいスキルも紹介しておこう。

・リカバリング……ダメージを受けて吹き飛んだときに、受け身をとることができる

 吹き飛ばし攻撃を仕掛けてくるボスとの戦いで、とくに効果を発揮する。ダウンを避けられるので、反撃しやすくなるからだ。とくに、自分で操作するキャラクターには必ず装備させておきたい。ユーリなら“ハンドアクス”で習得できるので、アスピオを訪れたら真っ先に購入して習得させよう。

ボスの吹き飛ばし攻撃を食らっても、リカバリングがあれば空中で姿勢を立て直してすぐに反撃できる。

・バックステップ……ガード体勢から後ろ方向への移動入力でバックステップができる

 敵の攻撃範囲から逃れるのにとても役に立つスキル。ガード体勢から移行できるので、リスクが小さいのもすばらしいところ。なお、ユーリの場合は帝都ザーフィアスを出て最初に訪れる拠点“デイドン砦”で買える“シミター”から収録できる。

イベントが終わったらちょっと立ち止まろう

 ストーリーが進行する重要なイベント。それらが終わると「よっしゃ、すぐ行ったろか」とやる気になる人も多いはず。しかし、まずは焦らずにひと呼吸置いてほしい。じつは、イベントはスキット解放のフラグになっていることも多く、ほんの1、2秒その場で待っていると新たなスキットが実行可能になったりもするのだ。

 しかし、焦って移動を開始し、マップを切り替えたりバトルに突入してしまったりすると、一旦フラグがリセットされてしまったりすることも(消滅するわけではない)。そうやって、貴重なスキット鑑賞の機会を失うこともあるので、会話やイベントの後はじっくり、ゆっくりと行動開始することをオススメしたい。

とくにイベント直後はスキットが発生しやすい。

のちの図鑑コンプリートのために……

 本作のやり込み要素のひとつに、モンスター図鑑のコンプリートがある。コンプリートには、敵に“スペクタクルズ”を使用する必要があるのだが、ザコ敵はともかく、イベントバトルやボスなど1回しか戦わない敵は、そこで使わないと後から回収することができない。

 そのため、ほとんどのプレイヤーが1周目で達成できないやり込み要素となっている。しかし、「最初のアデコール&ボッコス戦からスペクタクルを使っていけばコンプ可能!」と知っていれば1周目でも可能となるのだ。

チュートリアルだと思って油断することなかれ。じつは、最初のデコボココンビとの戦いでもスペクタクルは使用可能。

 ゲームが進めば覚えることも増えていくが、序盤のうちはこれらのことを頭に入れておけば大丈夫。皆さんの長き冒険の旅に、幸あらんことを!