「お腹と唇には視線を奪われること間違いなしです!」『アイドルマスター シンデレラガールズ』速水奏のフィギュアを担当声優・飯田友子さんが語る

『アイドルマスター シンデレラガールズ』のアイドル・速水奏が、細部まで作り込まれたフィギュアになって登場。奏役の声優・飯田友子さんに、その魅力を語ってもらった。

 『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場する、アイドルの速水奏。その魅力的な表情やしぐさ、風になびく衣装や装飾まで忠実に再現した1/8スケールフィギュア“アイドルマスター シンデレラガールズ 速水奏 エンドレスナイトver.”(14904円[税込])が、amiamiより発売される(2019年3月31日発売予定。予約受付中)。
 これを記念して、フィギュアの魅力や、役作りのポイントなどを語ってもらった。

プロフィール

飯田友子(いいだゆうこ)

9月9日生まれ、神奈川県出身。おもな出演作は『ガールズ&パンツァー 劇場版』(アズミ役)、『プリンセス・プリンシパル』(ガゼル役)など。普通自動二輪免許を持ち、ツーリングが趣味。

''1/8スケールフィギュア“アイドルマスター シンデレラガールズ 速水奏 エンドレスナイトver.”''

細部にまでこだわり抜いて作られている。バックショットも必見だ。

本心を見せないところが奏の魅力

――飯田さんは、奏の魅力をどのように感じていますか?

飯田 17歳なんですけど、17歳らしくないミステリアスなところや、色気があるところですね。奏役が決まり、初めて奏の設定を見たときは、キスをモチーフにしたセリフが多くてびっくりしました。プロデューサーさんのことも、自分のほうが年下なのに、からかう場面が多いんですよ。そういう性格なのかなと思ったら、中身は年相応の女の子らしいところもあって。そんなギャップが特徴的なアイドルですね。そして、奏のそういう一面を知っているのは私だけ……と思えるところも、演じていて楽しいポイントです。

――私だけが本当の奏を知っているんだ、という優越感もあるわけですね。そんな奏を演じるうえで、意識されているポイントはありますか?

飯田 セリフを読むとき、よく「“裏の気持ちがある”ということを見せてはいけない」とディレクションをいただきます。たとえば「嫌い」というセリフを言う場合、台本には「嫌い」と書いてあるけれど、その裏側には「好き」という気持ちが隠れていたりして。でもそれが、顕著に見えてはいけない。本当は「好き」なんだけど、言葉では「嫌い」と言っている……ということがわかってしまうと、それは奏じゃないんです。

――裏の気持ちがあることを感じ取らせるだけでも難しいのに、それすら見せてはいけないと?

飯田 奏自身が、“アイドルとして速水奏”を演じているような気がしています。だから、どこまで本心を見せるべきかが、毎回、すごく難しくて。「今日はちょっとやりすぎたな……」とか、「今日は抑えすぎたかな……」とか、いつも反省していますね。うまくいったな~と思ったつぎの収録では、「そういう感じじゃないんだよね」って言われたりして(笑)。

――速水奏の気持ちになったうえで、さらに“アイドルの速水奏”を演じるというのは、とても難しそうですが……。

飯田 感情移入しすぎると、つい本心が出ちゃうんですけど、そうなると今度は「奏はそんなに本性を出しません」と指摘されて。演じるときは、あまりがんばりすぎないというか、“がんばっている感を出さない”ように気をつけています。私自身は、芝居も歌も一生懸命取り組むタイプなんですけど、奏はがんばっている姿を見せずに、何事もサラッとやってしまう性格なので、そういうところも意識しています。

――奏といえば、ミステリアスな雰囲気も魅力のひとつですが、飯田さんご自身にもミステリアスな部分はありますか?

飯田 まったくないです(笑)。でも、初対面の人からは、そういう風に見られることが多いみたいで。ただ、ミステリアスとかクールを通り越して、怖いと思われることもあるんですよね……。仲よくなった友だちからは、「黙っていたらクールなのに」と、残念がられます(笑)。

6th LIVEのテーマは“遊園地”

――『アイドルマスター シンデレラガールズ』の6周年ライブが、明日(2018年11月10日)から始まりますね。ライブに向けての意気込みを聞かせてください。

飯田 じつは先日、佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)に連れて行っていただいて、初めて会場のメットライフドームを見てきたんです!  そのときに気づいたんですが、おもしろい形の球場ですよね。今回のライブのテーマは“遊園地”です。プロデューサーさんたちとたくさんコミュニケーションが取れたらいいなと思っています。ライブを見に来たというより、遊園地でいっしょに遊んでいる感じで盛り上がっていただけるとうれしいです。

――遊園地を意識したライブで、飯田さんはどのように奏を演じられるのか? プロデューサーさんたちにとっては気になるところですね。

飯田 ぜひ私にも注目していただきたいですし、今回はキャストが多いうえ、それぞれ個性の強いメンバーですので、みんながどこでどう動いているのかも注目していただけるとうれしいです。

――『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』3周年記念特集の際、関裕美役の会沢紗弥さんにインタビューをさせていただいたのですが、その際、飯田さんとの交流についても語っていただきました。ライブ直前で緊張していたところに、LINEで励ましのメッセージを送られたそうですね。
※会沢さんのインタビュー記事は下記を参照。

「出会ってからずっと『シンデレラガールズ』になりたかった」『デレステ』会沢紗弥さん(関裕美役)インタビュー

2018年9月で3周年を迎えた『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』。同作で関裕美役を演じる会沢紗弥さんにインタビューを実施した。

飯田 はい。紗弥ちゃんとは誕生日が同じなので、そういう縁もあって、緊張している紗弥ちゃんにメッセージを送ろうと。送ることがいいことなのかどうか、また、どういう言葉を送ったらいいのかなど悩んだんですが、私なりに考えて、「素直に込み上げてきたものなら泣いたって誰も怒らないよ。関ちゃんと手を取り合ってステージを楽しんで!」と伝えました。

――先輩として、緊張をほぐしてあげようとされたわけですね。そういった行動を、意識せずにサラッとできてしまうところも、飯田さんの素敵なところですね。

飯田 ライブで緊張するのは私も経験してきたことなので、ちょっとでも支えになれば……。あと、そういった会話を通して、かわいい女の子と仲よくなりたいっていう下心も、半分くらい(笑)。

指が揃っていない感じが奏らしい

――奏のフィギュアをご覧になって、いかがですか?

飯田 やっぱりお腹!!! お腹から視線が逸らせないですね。[エンドレスナイト]+の奏をフィギュア化したものなんですけど、360度全方位から見られるのはうれしいです。

――髪飾りや装飾のデザインも凝っていますね。

飯田 風に吹かれて、ピアスまでなびいている感じも再現されているのがすごいですね。立ち姿もすごくきれいなので、私も参考にしたいです。足も長いし、指もすごくきれい。とくにこの左手の指の感じ!! 指がそろっていない感じが、奏らしくてかわいいんですよ。自分の演じたキャラクターのフィギュアを、こうして間近で見るのは初めてですが、本当に天使みたいですね。

――奏担当のプロデューサーさんには、たまらないですね。ちなみに、もしよろしければ、ご自身でフィギュアの写真を撮っていただけますか?

飯田 はい! どこから撮ろうかな~……。背中や腰回りの装飾もすごく丁寧に作られていますね。口元に寄りたいけど、手の角度もきれいだし。どこから撮るか本当に迷います(しばし撮影)。

――お写真を拝見してもよろしいですか?

飯田 はい。こんな感じになりました。

撮影:飯田友子

飯田 右手の方から、ちょっと斜めに撮ってみました。ここから見ると、足の角度も美しいし、マントがなびいている感じに見えるので、すごくかっこよくて。あと、お腹を正面から見せるのは、ちょっとセクシーすぎるので(笑)。これくらいの角度がちょうどいいかなと。

――なるほど(笑)。すてきなお写真をありがとうございます。ちなみにこちらのフィギュアですが、飯田さんなら、どのように飾られますか?

飯田 飾るスペースだけでなく、周りの環境も整えないといけないですね。ステージっぽく、下の台にも布を敷いたりして。こんなにステキな女性をお迎えするからには、それ相応の部屋を用意しないと(笑)。部屋に飾る家具も一新したり、何なら、引っ越しを考えるのもありかもしれません(笑)。

――プロデューサーの皆さんにも、それ相応の準備が必要というわけですね(笑)。

飯田 せっかく飾るからには、かっこいいスペースを作ってほしいです。ほかのアイドルたちのフィギュアと並べて、ステージ感を強めるのもいいですね! 逆に、玄関に置くのもいいですね。毎日、奏に送り出してもらって、帰宅時には迎え入れてもらえる感じで。

――プロデューサー冥利に尽きますね(笑)。そんな、奏フィギュアに対する飯田さんの満足度は?

飯田 満点は余裕で越えちゃいますね。満足度170%くらいです。

――もうちょっとで200%! 2個ほしい! といったところですね(笑)。

飯田 はい(笑)。それくらいオススメです。もともと人気のあった衣装が立体になり、それが自分の手元に届くということが、本当にすごいなと思います。360度全方位から奏を見渡せるのというのは、プロデューサーとして絶対に気になるはずですので、存分に愛でていただきたいですね。どこを取ってもかわいいですが、とくにお腹と唇には視線を奪われること間違いなし! ですので、しっかりと心の準備をしてから、ご自宅に迎えてあげてください(笑)。

 なお、こちらの記事とは別バージョンのインタビューが、amiamiにも掲載されている。自身の演じる速水奏に対する思いを、より掘り下げた内容になっているので、奏のプロデューサー諸氏&飯田友子さんのファンの方は、そちらも要チェックだ!

amiamiのインタビュー記事は下記URLでチェック!
https://news.amiami.jp/topics/2018/11/138397.html
※クリックすると、amiamiのサイトにジャンプします。

1/8スケールフィギュア“アイドルマスター シンデレラガールズ 速水奏 エンドレスナイトver.”
発売日:2019年3月発売予定
参考価格:14904円[税込]
※あみあみ限定特典として、“あみあみアクリルキャラクタープレートぷち 速水奏 私服ver.”が付属するバージョンも存在。

販売ページ(特典あり版):https://www.amiami.jp/top/detail/detail?gcode=FIGURE-043154
販売ページ(特典なし版):https://www.amiami.jp/top/detail/detail?gcode=FIGURE-043101



(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.