SteelSeries、RGBイルミネーション搭載の布製マウスパッドなど“QcK”シリーズ3製品を発表

2018年10月30日(北米時間)、ゲーム用PC周辺機器を取り扱うSteelSeriesは、人気マウスパッド“QcK”シリーズのラインナップを拡大すると発表した。

 2018年10月30日(北米時間)、ゲーム用PC周辺機器を取り扱うSteelSeriesは、人気マウスパッド“QcK”シリーズのラインナップを拡大すると発表した。

 新製品として“QcK Prism Cloth”、“QcK Edge”、“QcK Hard”がラインナップに追加され、現行の製品にもアップデートが施される。なお、日本での発売や価格は未定。

QcK Prism Cloth
2ゾーンのRGBイルミネーションを備えた布製マウスパッド。イルミネーションのエフェクトをカスタマイズでき、Discordの通知と同期させることも可能。
Medium:39.99ドル
XL:59.99ドル

QcK Edge
縁にステッチ加工が施され、ほつれや剥がれを防ぐ布製マウスパッド。
Medium:12.99ドル
Large:16.99ドル
XL:24.99ドル

QcK Hard
ローセンシ、ハイセンシの両方に最適化されたプラスチック系のマウスパッド。
Medium:24.99ドル

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

QcK Prism Cloth

新モデルのQcK Prismは2ゾーンのRGBイルミネーションを備えた布製のマウスパッドです。
SteelSeries Engineによって、RGBイルミネーションをカスタマイズすることができ、デスクトップ全体をカバーするXL サイズもラインナップされます。SteelSeries Engineに搭載されているPrism Syncアプリを使用することによって、RGBイルミネーションに対応しているSteelSeries製品を統合して、イルミネーションのエフェクトを簡単にカスタマイズすることができます。このPrism Syncによって、ワンクリックで複雑なイルミネーションエフェクトを設定し、お使いの環境をお好みのイルミネーションで彩ることができるようになります。また、RGBイルミネーションをDiscordの通知と同期させることも可能で、メッセージの受信やミュート設定を、イルミネーションのエフェクトとして表示させることができます。
他社のRGBイルミネーションを備えたマウスパッドと異なり、SteelSeriesはケーブルを左サイドに配置し、ゲームプレイ中にマウスのケーブルとQcK Prismのケーブルが絡んでしまうトラブルを防いでいます。

QcK Prism ClothはMedium (320mm x 270mm x 4mm)およびXL (900mm x 300mm x 4mm)がラインナップされ、価格はQcK Prism Cloth Mediumが39.99ドル、XLが59.99ドルです。
(国内発売予定、価格未定)

QcK Edge

QcK Edgeは現行のQcKと同じサーフェスを備えたマウスパッドです。一方で、エッジにはステッチ加工が施され、ほつれや剥がれを完璧に防ぐことができます。またQcK Edgeには、SteelSeriesのアイコンとも言えるミニマルなデザインが受け継がれています。業界トップのマウスセンサーメーカーによってテスト済みのQcK Edgeは、細かい縫い目とスムーズなサーフェスを誇り、オプティカル/レーザーセンサーどちらにも最適化された、精密なトラッキング性能を発揮します。
マウスパッドの裏面には、耐久性が高く、滑りを防止するラバーベースが貼られており、マウスのズレを防ぎ、競技シーンにおいても使用できる、マウス用の安定したプレイエリアを提供します。

QcK Edgeは、以下の3種類のサイズで展開されます: Medium (320mm x 270mm x 2mm)、Large (450mm x 400mm x 2mm)、XL (900mm x 300mm x 2mm)
QcK Edgeの価格は、Mediumが12.99ドル、Largeが16.99ドル、XLが24.99ドルです。
(国内発売予定、価格未定)

QcK Hard

QcK Hardは、プロフェッショナルレベルのスピードを提供するマウスパッドです。硬質ポリエステルのサーフェスは、ローDPI/ハイDPIのどちらにも最適化され、また多層構造と硬質ポリマーコアによって、高い耐久性と一貫性のあるサーフェステクスチャーを実現しています。

QcK Hardは、320mm x 270mm x 2mmのサイズで、価格は24.99ドルです。
(国内発売予定、価格未定)

QcKシリーズ
新製品である、QcK Edge、QcK Prism Cloth、QcK Hardに加え、現行のQcKシリーズもアップデートされます。パッケージが最新のアートワークを反映したものに変更となり、SteelSeriesロゴもデザインが変更されます。また、一部製品では名称が変更されます。