『ポケモン Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』プレイレビュー! 経験値が10倍以上もらえる方法など気になる育成方法をチェック【動画あり】

2018年11月16日発売予定の『ポケットモンスター』シリーズ最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』。一足先に体験プレイを行ったライターによるレビューをお届け。

 2018年11月16日にNintendo Switchで発売予定の『ポケットモンスター』シリーズ最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』。2018年5月末に行われた新作発表会からいまかいまかと待ち続けた発売日が、ついに、そこまで迫ってきている! そんな折、なんと本作を体験させていただける機会を得た。というわけで、本記事では『ポケモン Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』のプレイレビューをお届けする。

 ちなみに、今回は週刊ファミ通編集部のゆーみん17と筆者のふたりで、別の視点からレビュー記事を執筆したので、よければそちらの記事もぜひご覧いただきたい。

 おもな遊びかたや冒険の旅路、街の様子などはこちらから↓

『ポケモン Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』プレイレビュー! “かがくのちからってすげー!”の人も超進化!? ビジュアルの進化っぷりまとめ!【動画あり】

2018年11月16日発売予定の『ポケットモンスター』シリーズ最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』のプレイレビューをお届け。冒頭のマサラタウン~ニビシティの道のりのなかで、気になったこだわりポイントをご紹介します!

 ポケモンライター竹内白州こと私が担当するこちらの記事では、これまでのシリーズ作品と異なるシステムを中心に、冒険に役立つ情報を紹介していくつもりだ。一部、出現するポケモンや新たなシステムについてなど、ネタバレになり得る要素があるので注意してほしい。なお、プレイしたソフトは『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』。『ポケットモンスター Let's Go! イーブイ』とは多少異なる点があるので、ご了承を。

Point.1 ポケモンを捕まえる!

 改めて説明しておくと、本作は従来の『ポケットモンスター』シリーズというよりは、『ポケモンGO』のシステムを踏襲している部分が多い。その最たるものがポケモンの捕まえかただろう。

 本作では、伝説のポケモンなど一部のポケモンを除き、野生ポケモンとのバトルがなくなった。バトルでポケモンのHPを減らし、ボールを投げるといった『ポケットモンスター』シリーズおなじみのものではなく、『ポケモンGO』のように、ボールをうまく投げて捕まえるシステムになったのだ。

 『ポケモンGO』との違いは、ボールを投げる前に“かまえる”という手順が必要なことだ。“かまえる”を選択した時点からJoy-Conのジャイロセンサーが作動するので、まずは画面に向かって真っすぐに腕を伸ばし、“かまえる”を選択。そして腕を曲げて溜めを作りつつタイミングを計り、もう一度先ほどの位置に腕を戻すように真っすぐ腕を振ると、キレイに投げられる。

 収縮するリングの中にボールが入るように投げ、ボールが当たったときのリングが小さいほど捕まえやすくなる。

 ところで、『ポケモンGO』で、毎回エクセレントスローを狙う人はどれくらいいるだろうか。記者はレイドバトルや珍しいポケモンを除けば、狙いもつけずに適当に投げてしまうことも多い……。そんな筆者のような方は以下の動画をご覧あれ。

 思った以上にエクセレントスローが決まる! 『ポケモンGO』よりエクセレントスローが決めやすい気がする(気がするだけではあるが……)。上記の動画を見て、タイミングを掴むイメージトレーニングをしてみてほしい。ポケモンを捕まえるコツは、円の小さいときを狙うだけではない。野生のポケモンはきのみをあげることで捕まえやすくなったり、激しい動きを大人しくさせたりできる。

トキワの森にはバタフリーが出現! 珍しいポケモンに出会ったらまずは、ポケモンを捕まえやすくなるという“ズリのみ”をあげてみよう。

捕まえやすくなるだけでかならず捕まえられるわけではない。

あっ……逃げられてしまった……。

 ところで、しれっとふたりプレイの画像をお見せしたが、これもまたポケモンを捕まえるコツのひとつだ。ふたりで息を合わせて同時にボールを投げると、きょうりょくゲットが発動し、ポケモンを捕まえやすくなるようだ。ただ、ふたりプレイになると、1回のスローで消費するモンスターボールの数も2倍になるので(ふたりともボールを投げた場合)、その点はご注意あれ。

「せーの!」とタイミングを合わせてボールを投げよう。

Point.2 経験値の仕組みを知る

 さて、本作では一部のポケモンを除き、野生ポケモンとのバトルが行われないため、ポケモンを捕まえることで経験値が入る仕組みになっている。

ポケモンを捕まえたときの画面はこんな感じ。

ちなみに、本作ではピカチュウがレベル9で“にどげり”を覚える。かくとうタイプの技はニビジムのタケシ戦で有用。もう“たたきつける”で無理やり戦っていた20年前とは違うのだ。

そしてこのステータス画面がめちゃくちゃ格好いい! 背景はポケモンのタイプによって変化するようだ。

 レベルがすごい勢いで上がる。あれ、トキワの森ってボーナスステージだっけ? けいけんポン(※1)でも使った? Oパワー(※2)の方かな?

※1……『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』で“ロトム図鑑”がくれる“ロトポン”。使用すると、経験値が通常の1.5倍になる。

※2……『ポケモン X・Y』、『ポケモン オメガルビー・アルファサファイア』で登場。一定時間経験値がアップしたり、タマゴが早く孵りやすくなったりする不思議なパワー。

 なぜドンドンレベルが上がるかというと、捕まえたときの状況や捕まえかたによって経験値にボーナスがかかるから。それぞれの詳しい倍率までは未確認だが、今回のプレイで確認できたボーナス項目の一部を例としてまとめてみた。

・ワンショット……1回のスローで捕まえる
・ナイススロー……リングが小さい状態で、リング内にボールを当ててポケモンを捕まえる
・ダブルテクニック……きょうりょくゲットで捕まえる
など

 これらをなるべく多く組み合わせるようにすると……。

 ものすごい倍率になった。先日の『ポケモン ピカチュウ』の記事では打倒タケシ用のバタフリーを育てるために2時間もトキワの森に籠ったというのに……これなら10分くらいで進化させられそう。

【タケシ、強すぎる】20年ぶりに遊ぶ『ポケットモンスター ピカチュウ』は懐かしの“あるある”でいっぱいだった【タケシ、服を着る】

『ポケットモンスター』シリーズ最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』は2018年11月16日に発売予定。その開発のベースになっているという『ポケモン ピカチュウ』はどんなタイトルだっただろう。担当ライターが20年前の思い出を振り返りながらプレイした。

 ちなみに、サイズボーナスが発生するポケモンはフィールドに表れるポケモンのエフェクトで確認できる。

シンボルエンカウントシステムを採用しているのも本作の特徴。どうやら色違いのポケモンもシンボルで確認できるらしい……?

 ポケモンのまわりに赤いエフェクトが出ているのが大きなポケモン、青いエフェクトは小さいポケモンであるということ。経験値が欲しいならサイズボーナスを狙ってこれらのポケモンを積極的に捕まえるといいだろう。

Point.3 アメを使ってポケモンを強化する

 ところで、捕まえたポケモンはというと、メニューから開ける“ポケモンボックス”の中にいた。

パソコンがなくてもいつでも手持ちのポケモンを入れ替えらえる。名前を変えたりマーキングしたりと、欲しい機能がすべてそろっている。

ポケモンを博士に送って、アメをもらおう。

 本作では、“ピカチュウのアメ”などの、それぞれのポケモンに対応したアメのほかに、“まもりのアメ”や“はやさのアメ”など対応した能力を上昇させるものもある。

ひとつ使用すると能力が1上昇する。

ちなみにこれはバトルでレベルアップしたときの画面。能力の上昇が2種類に分けられているのがわかる。右側の黄色い数字はアメで上昇したときと同じエフェクト。通常のパラメーターの上昇のほかにも、ボーナスで追加されるものがあるようだ。

 とにかく、フィールドでたくさんポケモンを捕まえて経験値を獲得し、捕まえたポケモンを博士に送ってアメをもらう。そしてそのアメを使ってさらにポケモンを強化していく、というのが基本的なサイクルになりそうだ。

Point.4 ポケモンを戦わせる!

 本作では野生ポケモンとのバトルはなくなったが、トレーナーやジムリーダーとのバトルは健在。とはいえ、先述したようにポケモンのレベルアップがかなり容易になっているので、少なくとも序盤に苦戦するようなポイントはなかった。ちなみに、バトルシステムはこれまでの『ポケットモンスター』シリーズと同様にターン制コマンドバトルだ。

ふたりプレイ中は2対1になるので、かなり有利に戦える。

本作ではバトルに勝つとボールなどのどうぐをもらえるようになっている。ボールはとにかく消費が激しいのでありがたい。

 町にはポケモンジムという、自分のポケモンバトルの力のウデだめしをする施設がある。今回プレイした中では、ニビシティのニビジムに挑戦できた。

 ジムの変更点としては、ジムごとに設定されている条件を満たさなければ挑戦ができないこと。たとえば、ニビジムではジムリーダータケシの使うポケモンに有利なくさタイプ、もしくはみずタイプのポケモンを手持ちに入れていないと挑戦できない。これは条件をつけた、というよりはジム攻略のためのサポートという意味合いが強いように感じる。ちなみに、ここまでの道のりでは、くさタイプのナゾノクサが出現するので、捕まえておくといいだろう。

ニビジムのジムリーダーはタケシ。いわタイプの使い手だ。

タケシに勝つともらえるわざマシンが“がまん”ではなく“ずつき”になっている。ほかのジムリーダーも変わっているかも?

Last.『ポケットモンスター』を通じたコミュニケーションを楽しめる作品

 今回、筆者がプレイできたのはニビジムのタケシを倒したところまで。それ以降のことはまだわからないので、発売を心待ちにしよう。

 本作をプレイしてとくに感じたのは、大画面でかつ、このクオリティで動いているポケモンのすがた、そして声を聞くことがいかに幸せかということだ。相棒ポケモンのかわいい仕草のバリエーションが驚くほど多く、つぎはどんなすがたを見せくれるのか、ワクワクしながら冒険を進められる。
 また、それを誰かと共有できるというのもNintendo Switchだからこその大きなメリットだ。家族と、友人と、恋人といっしょに遊べば何倍にも楽しいゲームだと感じた。

 これはRPGというジャンルの枠にとどまらない、『ポケモン』というコンテンツをより身近なものにするための拡張アイテムのような印象を受ける。これまでの『ポケットモンスター』シリーズをプレイしたことがない人も、いやむしろそんな人にこそ、とくにオススメしたい。『ポケモン』がより好きになる、もっと『ポケモン』のことが知りたくなるはずだ。

 そして以前より『ポケモン』を愛し続けているベテランポケモンファンの皆さんには、いまさら言うことは何もない。我々の思いはひとつだ。

「11月16日が超楽しみ!!」

 それでは。



(C)2018 Pokémon. (C)1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. (C)2018 Niantic, Inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※画面は開発中のものです。